HOME > 2011出展プログラム > 社会生活から読む近代日本史~歴史も科学だ!~

社会生活から読む近代日本史~歴史も科学だ!~

社会生活から読む近代日本史〜歴史も科学だ!〜
出展団体 加藤 諭 氏( 東北大学 文学研究科 日本史研究室)
出展概要

【日時】 ①15:30〜16:30
【会場】 東北大学川内北キャンパス講義棟
【対象】 小学校高学年以上
【定員】 20人(保護者は含む)
【費用】 無料
【申込】 事前申込制 (WEB事前予約受付はこちら
【内容】
歴史小説・マンガや大河ドラマなどの「歴史もの」は世の中にたくさんありますが、それがサイエンスとしての歴史科学、実際の歴史とどう違うのかは普段なかなかみえてこないものです。大河ドラマや小説から来るイメージと、実際の歴史研究で明らかになってきたこととを比較しながら、いくつかのトピックを挙げて日本の近代史をみていきます


去年の様子

当日の様子


出展者向けアンケート

1.『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011』に出展した感想について、お聞かせ下さい。

小学生からその親御さんまで、開催日当日は一番暑い午後の講座だったにもかかわらず、多くの幅広い年齢層の方々に参加いただき、本当にうれしい思いでした。私の講座は、普段、小説や大河ドラマ等で認識しているイメージと、実際の歴史学の分野の研究成果とを比較しながら話をすすめることで、歴史科学の手法やプロセスを分かりやすく社会に還元したいという思いで毎年出展させて頂いておりますが、参加者の方々からはいままで知らなかったことが分かってよかった。理系の研究成果だけだと思っていたけれど、すごく面白かった、歴史を身近に感じ興味が増した。という感想を講座後、口頭いただきました。 サイエンスデイを通じてこれからも、より多くの方々に歴史研究の魅力と、その重要性を伝えていきたいと思います。

2.『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2011』に対するご意見・ご要望について、お聞かせ下さい。

今年度も文系の歴史科学の出展にスペースを割いていただいたこと大変感謝しております。私の講座は文系の講座なのですが、歴史も科学という講座の趣旨に、 積極的に興味をもってくださる参加者と、その関心の高さに、講座を開設している私自身も刺激を受ける場になっています。今後とも今回のような機会を通じて、社会に歴史により多くの方が関心を持ってもらえるよう頑張っていきたいと思います。

回答者:加藤諭 様(東北大学 文学研究科 日本史研究室)

社会生活から読む近代日本史~歴史も科学だ!~
【賞名】 エミール賞
東北大学大学院環境科学研究科 教授 石田秀輝
【理由】世間一般的には、「科学は科学、歴史は歴史、両者は全然別個のもの」というように捉えられがちであるが、この講座では両者に深い関係があることを社会生活の変化を通して知ることができると思います。生活スタイルを通して必要な技術を創り出すことを考える上では、この講座のような見方も大変重要だと考えます。
【副賞】石田秀輝 著書 3冊 (社会科学と自然科学を結ぶ内容の書物です)
 「自然に学ぶ粋なテクノロジー」「地球が教える奇跡の技術」「キミが大人になる頃に。」

★受賞者の声

この度、エミール賞 (東北大学大学院環境科学研究科 教授 石田秀輝)を受賞いたしました、加藤諭です。私はサイエンスデイ開催当初よりお声掛けいただき、歴史の講座を毎年持たせて頂いておりましたが、こうした賞を受賞できたことは歴史科学を研究するものとしてとてもうれしく、励みになりました。サイエンス、というとどうしても理系の分野というイメージがつくことが多いのですが、歴史科学として、歴史もまた大きなサイエンスの一分野を担っています。その研究スタイルまた最新の歴史学研究をわかりやすく社会に還元していきたい、という気持ちはいつも持っています。今後も歴史から見るものの考え方や、重要性を伝えていきたいと思います。そうした場所を用意していただいた大草さんに本当に感謝いたします。そして歴史科学の意義を認めていただき、今回、エミール賞に選考いただいた石田先生にこの場を借りて心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

出展プログラム(2011)

かさ袋ロケットをつくって飛ばそう!
探査機を宇宙に送ろう!
夏空に世界でひとつだけの紙ひこうきをとばそう!
コイルと磁石でモーターを作ろう!
ENEOSわくわくキャンドルづくりと環境のお話
東北電力サイエンスショー『130年前の電気を見てみよう!』
ケータイ安全教室~テレビ電話を体験しよう~
最先端の新エネ技術「燃料電池」を学んで体験しよう!
自然のすごさはどこにある?
そもそも放射線ってなんだろう?
偏光板を使って材料の性質を調べてみよう!
微生物が地球を救う
生物多様性ってなあに? カードゲームで考えよう!
動物も植物も、細胞と分子でできている~「生きている」を観てみよう!~
社会生活から読む近代日本史~歴史も科学だ!~
LEDを使ったオブジェを作ろう!
身近な疑問がいーぱい!本校科学部と実演を交えて疑問を解き明かそう!
①醸造に学ぼう~発見!微生物の力~ ②米粉の不思議を体験しよう
新しい・珍しい野菜を発見!トマトでジャムを作ってみよう!
おいしいお米を科学する~いろいろなご飯を食べてみよう~
ペットボトルで雪の結晶をつくろう!
①ブラックホールってなんだろう? ②宇宙ってなんだろう?
探査機「はやぶさ」~小さな粒子から太陽系のはじまりを知ろう~
気象台の職員や気象予報士さんがどんな仕事をしているのか聞いてみよう~!
DNAってなんだろう?①バナナのDNAをみてみよう!②ビーズでDNAストラップをつくってみよう!
双眼実体顕微鏡で鉱物採集(宝さがし)を体験しよう!
日本酒はどうやってできるの?
ミクロ・赤外・X 線の世界を体験しよう!
見えないものを測ってみよう!~土の中・水の中・空気の中~
測ってみよう!「やわらかいもの」から「かたいもの」まで。
作ろう!測ろう!~水と電気と私たちのくらし~
太陽電池と燃料電池。エコで遊ぼう!
光ファイバと光ファイバをつなげてみよう!
光をつかって、りんごをきってみよう!
光 で友達と絵を描いてみよう!
光を使って、話をしよう!
粘土とプラスチックを比べてみよう!
コンピュータで遊ぼう!雪景色
携帯電話の中身をのぞいてみよう!
自然科学の法則通りにモノを創る本物の産業技術を創出しよう
霧箱をつくって素粒子・原子核を見よう!
未来を拓く光輝くプラズマを触ってみよう!
オーロラを体験しよう!
がんばろう仙台・宮城!大学と地域企業との連携から生まれた製品開発!~米ぬかセラミックス,世界最軽量電動車いす,超すべりにくい靴まで~
さわって、歩いて、作って考えよう!~ゴムの不思議な世界~
「 天と地のサイエンス」~上から下までフル回転~
磁気記録って何?強力な磁石を使って読み書きしよう!
ロボット技術で遊んでみよう~玉乗りロボ・トレーラーロボ~
東北電力エネルギー体験コーナー『電気の通り道を学ぼう!』
床発電システムって何?体験してみよう!
磁気で動力を伝えよう!
本づくりを体験してみよう!
携帯電話やゲーム機に使われているCPUに触れてみよう!
ロボコンの世界を間近で見てみよう!
レゴブロックでできたロボットに触れてみよう!
身近な物を使った物理の実験
移動天文車ベガ号による「真昼の天体観望会」
身近な疑問がいーっぱい! DNA,元素記号112 コ,ヒドラなど,本校科学部と一緒に体験&学ぼうよ!
だいちが見た東北地方太平洋沖地震 ~衛星画像から見える地震被害~
驚いて!学んで!知ろう!~みんなが使った水をきれいにする微生物たち~
①イライラ棒を体験しよう! ②プログラムを自分でつくろう!
手作りシューティングゲーム、おみくじ・じゃんけんゲームを体験しよう!
①伝統的な木造建築の組立てを体験しよう! ②日本古来の茶室で日本茶を味わおう!
気象を観測している機械を見たり、気象予報士に天気のことについていろいろ聞いてみよう~ !
なぜ?足でこぐ?車いす?~どうして?不自由な足が動くの?~乗ってみよう!こいでみよう!走ってみよう!
東北地盤情報システム(みちのくGIDAS) の実演~地盤の成り立ちから災害の様子を見れるシステムを自由に操作してみよう~
fmいずみ公開生放送「ラジオでつうしんを語るinサイエンスディ」
はんだづけを体験してみよう!&ものづくり講座「作品展」

ページのTOPへ