HOME > 2009出展プログラム > 【ベガ号】真昼の天体観測会

【ベガ号】真昼の天体観測会

真昼の天体観測会(ベガ号)
出展団体 仙台市天文台
出展プログラム 2009年7月5日(日)サイエンス・フェスティバル 体験プログラム(野外)
出展概要
 天文車「VEGA」の名は、夏の代表的な星座・こと座の一等星ベガからの命名です。ベガは仙台七夕祭りの主役「織女星(おり姫星)」ですから、まさしく仙台にピッタリの名前と思われます。
 広く市民の皆様に星空・天体に親しんで頂くために、天文車「VEGA」にはいろいろな工夫がなされております。搭載されている望遠鏡(写真参照)は、どの方角に向けても見る位置(接眼部)が変わらない、クーデ式架台を採用。観測する天体の方角により 見る人の姿勢に制約を受けることなく楽な姿勢で天体観測を楽しめます。
 他にも「車椅子用リフト」を装備。星を見る機会の少ない身障者の方々にも、望遠鏡で「星空散歩」を楽しんでいただきたい、そんな気持ちが込められています。
 7月5日「真昼の天体観測会」では、私たちに一番身近な星「太陽黒点」の観測をメインに、小型の「汎用望遠鏡」を組立等も交え、望遠鏡のあれこれについて考えて見ましょう。
当日の様子
2009_s25.jpg
2009_s25-2.jpg
出展者向けアンケート

1.「サイエンス・デイ2009」に出展した理由について、お聞かせ下さい。

夜間の作業と思われがちな「天体観測」。実は昼の太陽面観測も立派な天体観測であり、実際に「移動天文車VEGA」積載の望遠鏡で観察を行い、観察することの楽しさを市民の皆様に知って頂くと同時に太陽に関心を持って頂き、ひいては天体現象全般に眼を向けていただけるよう「天文・宇宙」知識の啓蒙普及に努めたいとの思いから出展させて頂きました。

2.「サイエンス・デイ2009」に出展した感想について、お聞かせ下さい。

 「真昼の天体観測会」と銘打っての参加でしたので、空模様が気がかりでありました。しかしながら天候の崩れもなく、「太陽面観察」を市民の方々に体験して頂けたことが最大の収穫でしょう。 当日の太陽表面には地球と同程度の広がりを持つ「黒点」も出現しており、普段なかなか見ることのできない太陽の素顔を実感して頂けたものと考えます。

3.今後に向けて、ご意見・ご要望・ご感想など、お聞かせ下さい。

「さくらホール」出店ブースも見さして頂きましたが、家族連れの姿が非常に多く「サイエンス・デイ2009」の開催意義は十分に達成されていたと思われます。このような催しには今後も参加させていただきたいと考えます。
平坦ではなく傾斜がきつかった「移動天文車VEGA」の設置場所については一考の要がありました。

回答者名:仙台市天文台 千田守康 様

出展プログラム(2009)

基調講演「科学技術と東北」
専門分野の枠にとらわれないニュータイプの学会「natural science 学会」
「科学と社会」意見交換・交流会【特別編】
鼎談「白神山地の今昔-世界遺産の保全のあり方」
地震はなぜ・どうやって起こるの?
社長目線を1日体験しよう!
実践的論理的思考法を体感しよう!
いろいろな空気環境をはかろう!
プログラミング言語「LabVIEW」でトマト栽培を自動化しよう!
①蛍光X線分析を体験しよう! ②見える光、見えない光のダブルで発電しよう! ③999 通りの電子回路をつくろう!
天然鉱物「ゼオライト」の吸着効果を体験しよう!
目に見えない化学反応によって出る光「化学発光」を観察しよう!
「歯がない歯車」のすごさを体験しよう!~磁石ってこんなに力持ち~
携帯電話やゲーム機に使われているCPUに触れてみよう!
実際に体験してみよう!「アイデアの引き出し方」
「ナノ」の世界に行ってみよう!!!
本づくりを体験してみよう!
世界一のセラピー効果を持つロボット「パロ」を体験しよう
塩釜のかまぼこを揚げた使用済みの植物油でエコエネルギーに変身!
立体画像を体験する!空から地形を見てみよう!
磁石と遊ぼう!
①リサイクルゴムでスーパーボールをつくろう!②「すべらない」を体感しよう!
「米ていら」を食べてお米の力を感じよう!
新しいイチゴの品種づくりを体験しよう!
おいしい米づくりの秘密を体験しよう!
日本一、二がいっぱい!!宮城の水産業~宮城の海から食卓へ~
①アルソミトラを飛ばそう!②プラパン焼き③バランスとんぼ
【ベガ号】真昼の天体観測会
新エネ技術「燃料電池」を学んで体験しよう!
まず観察。そして自分のアイデアを形にしよう!
プチロケットを作って飛ばそう!
コイルと磁石でモーターを作ろう!
自然のすごさはどこにある?
社会生活から読む近代日本史
【natural science 学会 領域1「物理から生物」講演】ヒトの運動制御システムの解析
【natural science 学会 領域1「物理から生物」講演】視覚追従運動における視覚情報の断続
【natural science 学会 領域1「物理から生物」講演】アリの行列とバスのダンゴ運転
【natural science 学会 領域1「物理から生物」講演】エチゼンクラゲの工業材料への有効利用研究
【natural science 学会 領域1「物理から生物」講演】ボトルネックにおける人の渋滞軽減方法
【natural science 学会 領域2「物理から環境」講演】津波と地球科学―恐竜絶滅の隕石衝突と地球史上最大の津波―
【natural science 学会 領域2「物理から環境」講演】津波工学研究の展開
【natural science 学会 領域2「物理から環境」講演】地層に残る津波の証拠―仙台平野を襲った平安時代の津波―
【natural science 学会 領域3「生物から環境」講演】少数の働きアリが示す活動のリズム
【natural science 学会 領域3「生物から環境」講演】逃げるカタツムリと追いかけるヘビ
【natural science 学会 領域3「生物から環境」講演】女王アリによるパトロール行動のモデル化とパトロールの最適化問題

ページのTOPへ