毛利衛さん(宇宙飛行士)ビデオメッセージ

 『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2021』に参加されている皆さん、こんにちは。二年ぶりに開催されるこの大会は、すっかり以前と違った形になりました。新型コロナウイルスに伴う急激な環境変化に適応するために、社会は不連続な変化を遂げています。もう、パンデミック前と同じ日常には戻れません。ニューノーマルです。40億年はるかな旅を続ける地球生命は、このような不連続な繰り返しによって、進化をとげてきたのでしょう。
 さて現在、宇宙には秒速8キロ、時速3万キロのスピードで移動する社会があります。それは国際宇宙ステーション、6人ほどの小さな社会です。私たちの環境とは全く異なる、地上とは不連続な世界です。すぐ外は人が一瞬で死ぬ、恐ろしい環境です。最先端の科学技術が造る生命維持装置という人工空間で宇宙飛行士たちは、生き延びるために、常に科学コミュニケーションを欠かすことはできません。
 80億人が住む地上とは、電波によるコミュニケーションのみです。地球を90分で一周しますが、絶えず電波でつながっています。太陽の光に照らされた地上の昼間、宇宙から人の姿はあまり見えません。しかし地球の裏側、地上の夜を宇宙から見ると、オレンジ色の光がどの大陸にもびっしりと広がっています。私はこれを見たときに、果たして人類は百億人に到達できるだろうかという不安を感じました。それほどもう地球はエネルギーを消費する人間という生物でいっぱいです。
 21世紀に入り、インターネットや、SNSが急速に発達してオンラインでたくさんの人が意見交換できるようになりました。数の限界に直面した人類が、地球生命として、あらゆる個人の智恵を総動員して生き延びようと、何かもがいているように見えます。その真っただ中の試みが、ニューノーマル時代における「科学と社会」を考える、この『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2021』だと思います。持続的に人類社会が生き延びられる、ぜひ新しい智恵を生み出してほしいと思います。期待しています。



プログラム一覧はこちら

 この世界は光で満ち溢れています。光というと、普通はヒトの目に見える「可視光」を指しますが、可視光は電場と磁場の波である「電磁波」の一種で、実は電波や赤外線、紫外線、X線なども、波の長さ(波長)が異なるだけで、同じ電磁波です。

 『学都「仙台・宮城」サイエンスマップ~光編~』では、可視光を含めた電磁波がどのように社会で使われ、どのような現象に関わっているか、仙台・宮城の切り口でご紹介します。

 なお、本マップには学都「仙台・宮城」サイエンスコミュニティの皆様からご提供いただいた全情報を掲載させていただいております(計97件)。ご理解・ご協力を賜りました関係者の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

■ 『学都「仙台・宮城」サイエンスマップ~光編~2021』第5版配布 ※敬称略
【著作】特定非営利活動法人 natural science (各コンテンツの画像・資料等の著作権はコンテンツの供給者に帰属します)
【作成】 大草芳江
【監修】伊藤弘昌、江刺正喜、内田龍男
【協賛】公益社団法人応用物理学会東北支部、公益社団法人日本分光学会東北支部、一般社団法人日本光学会
【備考】今後も本マップをバージョンアップしサイエンスデイでプレゼント予定です。 次年度マップ掲載希望情報をお寄せください。

★ 学都「仙台・宮城」サイエンスマップ~光編~2021 PDFダウンロードはこちら ★
 -≫ https://natural-science.or.jp/files/ScienceMAP_Light_2021.pdf


学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2021 開催概要

日 時
2021年7月17日(土)14:00~15:00 オープニングイベント
2021年7月18日(日)9:00~16:00 メインイベント
会 場
オンライン開催
来場対象
こどもからおとなまでどなたでも
入場料
無料
主 催
特定非営利活動法人 natural science (2007年6月設立)
共 催
東北大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所 東北センター、東北大学多元物質科学研究所、仙台市教育委員会、仙台高等専門学校、東北工業大学、公益社団法人応用物理学会東北支部、一般社団法人日本物理学会東北支部、一般社団法人電子情報通信学会東北支部、公益社団法人日本金属学会東北支部、東北大学工学研究科・工学部創造工学センター 、東北大学知の創出センター
協 賛
株式会社ユーメディア、一般財団法人みやぎ産業科学振興基金、DIC株式会社、株式会社エンザイム・センサ、公益社団法人日本分光学会東北支部
後 援
文部科学省、内閣府知的財産戦略推進事務局、宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、国立研究開発法人科学技術振興機構、東北工学教育協会、東北経済産業局、 一般社団法人東北経済連合会、公益財団法人東北活性化研究センター、国立研究開発法人理化学研究所、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、仙台管区気象台、学都仙台コンソーシアム、 東北学院大学、宮城大学、東北生活文化大学、一般社団法人みやぎ工業会、宮城県中小企業団体中央会、公益財団法人みやぎ産業振興機構、一般社団法人宮城県発明協会、仙台市PTA 協議会、仙台商工会議所、仙台経済同友会、一般社団法人電気学会東北支部、一般社団法人情報処理学会東北支部、一般社団法人映像情報メディア学会東北支部 、公益社団法人石油学会東北支部、一般社団法人日本光学会、公益社団法人日本技術士会東北支部、 公益社団法人 日本磁気学会、公益社団法人日本天文学会、公益社団法人日本水産学会東北支部、一般社団法人日本エネルギー学会東北支部、一般社団法人照明学会東北支部、公益社団法人土木学会東北支部、一般社団法人日本建築学会東北支部、公益社団法人日本生物工学会、一般社団法人日本機械学会東北支部、公益社団法人日本化学会東北支部、公益社団法人日本建築家協会東北支部、公益社団法人高分子学会東北支部、公益社団法人 計測自動制御学会東北支部、公益社団法人 空気調和・衛生工学会東北支部、日刊工業新聞社東北・北海道総局、産経新聞社東北総局、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、朝日新聞仙台総局、河北新報社、東北放送、仙台放送、東日本放送、NHK仙台放送局、ミヤギテレビ、エフエム仙台
お問い合わせ
特定非営利活動法人 natural science 事務局
〒980-0023 仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル7階
Tel.022-721-2035
URL http://www.natural-science.or.jp/
info@natural-science.or.jp
お問い合わせフォームはこちら

第15回 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2021
2021年7月18日(日)完全オンライン開催に決定のお知らせ

平素より『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』に対する多大なる
ご理解とご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からやむなく
開催中止とさせていただいた『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』ですが、
今年度は7月18日(日)に完全オンラインにて開催することに決定いたしました(※)。

※会場協力いただいている共催の東北大学様と協議の結果、大学の規定上、
 現段階では会場借用可能な制限レベルまで下がる見通しがたたないため、
 今年度は、完全オンライン開催とさせていただく運びとなりました。

コロナ禍における不自由な状況下、オンライン活動の知見やノウハウ等を
各団体の皆様方で、この1年間、蓄積されてきたことと存じます。
今年度はニューノーマル時代におけるサイエンスコミュニケーションの見本市と
いう位置付けでそれらノウハウを共有化し、また対面での開催が可能になった際、
幅を広げられるよう、環境変化を進化のきっかけにできればと考えております。

ニューノーマル時代における初の『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』開催
ということで、至らぬ点も多々あるかと存じますが、精一杯努めて参りますので、
皆様からの変わらぬご理解とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。

なお、出展案内や各種申込書は、こちらのページをご覧ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 主催者 
特定非営利活動法人 natural science 大草 芳江



第14回 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2020
開催中止のお詫びとお知らせ (2020年4月1日)

 現在発生している新型コロナウイルスの感染拡大状況や新たな感染リスクを鑑み、来場者や出展者、関係者の皆様、そして地域の皆様の健康と安全を最優先に熟慮した結果、2020年7月12日(日)に開催を予定しておりました『第14回 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2020』は【中止】の決定をいたしました。

 新型コロナウイルスの状況を注視して参りましたが、ここ仙台市においても数日前から拡大局面に入っていると見られることから、現在の状況を踏まえると、7月までに収束している可能性は低いと判断し、苦渋の決断をせざるを得ませんでした。サイエンス・デイを楽しみにしてくださった皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。

 また来年、無事開催できるように事態が一日も早く収束することを願いつつ、その際にはより充実したイベントになるようこれからも尽力して参る所存ですので、引き続きご理解とお力添えをいただけましたら幸いです。 どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 主催者 
特定非営利活動法人 natural science 大草 芳江


学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019
大盛況のうちに無事終了しました!

 『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』とは、ブラックボックス化した現代社会で実感する機会の少ない科学や技術の"プロセス"を子どもから大人まで五感で感じられる場づくりを目指し、既存の枠を超えた多様な主体と連携のもと、学都仙台・宮城の地で、2007年から手弁当で毎年開催している体験型・対話型の科学イベントです。

 おかげさまで13回目を迎える今年度も、本趣旨に賛同する大学・研究所や企業、行政や教育機関など、のべ164団体からご出展いただき、東北大学をまるごと会場にして、7月14日(日)、合計128プログラム(講座プログラム型:計43プログラム・計136回実施、体験ブース型:計70ブース、『学都「仙台・宮城」サイエンスマップ~光編~』リアル版:計15ブース)を一斉実施しました。

 当日の天気はあいにくの雨となりましたが、おかげさまで今年も1万人を超す多くの方にご来場いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。ご来場いただきました計10, 658人の皆様、ご出展・ご支援を賜りました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 これからも知的好奇心がもたらす心豊かな社会の創造にむけて、学都「仙台・宮城」サイエンス・デイを継続的に開催して参りたいと存じます。引き続き、皆様のご理解・ご協力の程よろしくお願い申しあげます。


サイエンスデイAWARD 2019
お互いに「よい」プログラムを表彰し合う

7月19日に東北大学サイエンスキャンパスホールを会場にして開催した「サイエンスデイAWARD表彰式」のようす
サイエンス・デイ出展者自ら、もしくは来場者・関係者が、サイエンス・デイAWARDの賞創設者となり、お互いの健闘を褒め称え合う

 サイエンス・デイでは、自分が一番「よい」と思ったサイエンス・デイ出展プログラムに対して自分の賞をつくって表彰し合う、ユニークな表彰制度「サイエンス・デイAWARD」を2011年度から行っています「よい」科学や技術とは、そもそも何か。そこには多様な視点があります。サイエンス・デイAWARDの最大の特徴は、複眼的な視点から評価できるよう、個人・団体問わず、誰でも自分の賞を創設できることです。

PowerPointや小道具等を用いて、1分プレゼンを行う受賞者のようす

 今年度は、中高生から専門家まで合計62のAWARDを創設いただき、7月19日に東北大学サイエンスキャンパスホールにして開催した「サイエンス・デイAWARD2019表彰式」において各賞が授与されました。今年度も会場いっぱいとなる約200名の賞創設者並びに受賞者にご参加いただきました。
 サイエンス・デイAWARD表彰式はプレゼン大会形式となっており、表彰者はどんな点を評価したか、受賞者はどんな点を工夫したかを、それぞれ1分ずつプレゼンし、お互いの健闘を褒め称え合いました。また、1分プレゼンを聞いた参加者による会場投票で、「サイエンス・デイ オブ ザ イヤー2019」のベストプレゼンター賞を、賞創設者の部と受賞者の部で1件ずつ選びました。

 サイエンス・デイAWARD各賞の表彰式、ならびに受賞結果については、以下のページをご覧ください。

☆=>> サイエンスデイAWARD2019 表彰式レポートはこちら
☆=>> サイエンスデイAWARD2019 受賞結果はこちら



サイエンス・デイ オブ ザ イヤー 2019(文部科学大臣表彰等)
科学を社会に伝える優れた方法論を共有化

8月8日に東北大学「知の館」において開催したサイエンス・デイ オブ ザ イヤー2019贈賞式のようす

 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ(2007年~)では、自分が一番「よい」と思った出展プログラムに対して自分の賞をつくって表彰し合うユニークな表彰制度「サイエンス・デイAWARD」(2011年度~)に加え、科学を社会に伝える優れた方法論を可視化・共有化することを目的として、審査委員会による「サイエンス・デイ オブ ザ イヤー」の審査・表彰を2016年度から行っています。

 このうち、「文部科学大臣賞」、「宮城県知事賞」、「仙台市長賞」の3つの賞については、事前に自己推薦書を提出いただいた上で、審査資料の事前提出が必要なエントリー制とし、サイエンス・デイ出展内容(7月14日実施)並びにサイエンス・デイAWARD表彰式(7月19日実施)での1分プレゼンテーション内容を審査員4名体制で審査いただきました。また、JST理事長賞については科学技術振興機構様による審査によって決定しました。さらにベストプレゼンター賞は、サイエンス・デイAWARD表彰式での1分プレゼンをもとに出席者による会場投票によって決定しました。

サイエンス・デイ オブ ザ イヤーの表彰状授与のようす

 厳正なる審査の結果、文部科学大臣賞(1件)、JST理事長賞(1件)、宮城県知事賞(1件)、仙台市長(1件)、ベストプレゼンター賞(サイエンス・デイAWARD受賞者1件、サイエンス・デイAWARD賞創設者1件)の受賞者が決定しました。

 また、サイエンス・デイ オブ ザ イヤーでは、科学を社会に伝える優れた方法論を可視化・共有化することを目的とし、授賞企画概要をWebに公開しています。サイエンス・デイ オブ ザ イヤー2019贈賞式の開催レポート、並びに授賞企画概要については以下のページをご覧ください。

☆=>>  サイエンス・デイ オブ ザ イヤー2019贈賞式 レポートはこちら
☆=>>  文部科学大臣賞 受賞企画概要はこちら
☆=>>  JST理事長賞 受賞企画概要はこちら
☆=>>  宮城県知事賞 受賞企画概要はこちら
☆=>>  仙台市長賞 受賞企画概要はこちら


学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2019 開催概要

日 時
2019年7月14日(日)9:00~16:00
(<参考> 2020年度の『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』は2020年7月12日(日)開催予定)
会 場
【メイン会場】東北大学川内北キャンパス 講義棟(A棟・B棟・C棟)、M棟(マルチメディア教育研究棟)
宮城県仙台市青葉区川内41

【サテライト会場】東北大学工学研究科・工学部サイエンスキャンパスホール
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6

【サテライト会場】東北大学理学部自然史標本館(総合学術博物館)
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
※サイエンスデイ当日のみ入館無料

【サテライト会場】たまきさんサロン(東北大学大学院環境科学研究科棟1階)
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
来場対象
こどもからおとなまでどなたでも
入場料
無料
主 催
特定非営利活動法人 natural science (2007年6月設立)
共 催
東北大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所 東北センター、東北大学多元物質科学研究所、仙台市教育委員会、仙台高等専門学校、東北工業大学、公益社団法人応用物理学会東北支部、一般社団法人日本物理学会東北支部、一般社団法人電子情報通信学会東北支部、公益社団法人日本金属学会東北支部、東北大学工学研究科・工学部創造工学センター 、東北大学知の創出センター
協 賛
株式会社ユーメディア、一般財団法人みやぎ産業科学振興基金、一般社団法人日本鉄鋼協会東北支部、物質・デバイス領域共同研究拠点、人・環境と物質をつなぐイノベーション創出 ダイナミック・アライアンス
後 援
文部科学省、宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、国立研究開発法人科学技術振興機構、東北工学教育協会、東北経済産業局、 一般社団法人東北経済連合会、公益財団法人東北活性化研究センター、国立研究開発法人理化学研究所、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、仙台管区気象台、学都仙台コンソーシアム、 東北学院大学、宮城大学、東北生活文化大学、一般社団法人みやぎ工業会、宮城県中小企業団体中央会、公益財団法人みやぎ産業振興機構、一般社団法人宮城県発明協会、仙台市PTA 協議会、仙台商工会議所、仙台経済同友会、一般社団法人電気学会東北支部、一般社団法人情報処理学会東北支部、一般社団法人映像情報メディア学会東北支部 、公益社団法人石油学会東北支部、一般社団法人日本光学会、公益社団法人日本技術士会東北支部、 公益社団法人日本分光学会東北支部、公益社団法人 日本磁気学会、公益社団法人日本天文学会、公益社団法人日本水産学会東北支部、一般社団法人日本エネルギー学会東北支部、一般社団法人照明学会東北支部、公益社団法人土木学会東北支部、一般社団法人日本建築学会東北支部、公益社団法人日本生物工学会、一般社団法人日本機械学会東北支部、公益社団法人日本化学会東北支部、公益社団法人日本建築家協会東北支部、公益社団法人高分子学会東北支部、公益社団法人 計測自動制御学会東北支部、公益社団法人 空気調和・衛生工学会東北支部、日刊工業新聞社東北・北海道総局、産経新聞社東北総局、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、朝日新聞仙台総局、河北新報社、東北放送、仙台放送、東日本放送、NHK仙台放送局、ミヤギテレビ、エフエム仙台
恒例企画
サイエンス・デイ限定『学都「仙台・宮城」サイエンスマップ~光編~』第4版プレゼント申込開始(先着500名)!&今年の新企画として実物展示版も登場!詳しくはこちら
お問い合わせ
特定非営利活動法人 natural science 事務局
〒980-0023 仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル7階
Tel.022-721-2035
URL http://www.natural-science.or.jp/
info@natural-science.or.jp
お問い合わせフォームはこちら

ページのTOPへ