「サイエンスデイ・オブ・ザ・イヤー」初代受賞者決定!!
宮城県知事賞、仙台市長賞、JST理事長賞、ベストプレゼンター賞

☆=>> サイエンス・オブ・ザ・イヤー受賞結果はこちら


学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2016 大盛況のうちに無事終了しました!

 『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』とは、ブラックボックス化した現代社会で実感する機会の少ない科学や技術の"プロセス"を子どもから大人まで五感で感じられる場づくりを目指し、既存の枠を超えた多様な主体と連携のもと、学都仙台・宮城の地で、2007年から毎年開催している体験型・対話型の科学イベントです。

 おかげさまで10周年を迎える今年度も、本趣旨に賛同する大学・研究所や企業、行政や教育機関など、のべ131団体からご理解・ご協力を賜り、東北大学をまるごと会場にして、合計110プログラム(講座プログラム:46プログラム・計144回実施、体験ブース:63ブース)が一斉実施されました。

 今年はあいにくの雨模様したが、おかげさまで昨年以上に多くの方にご来場いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。ご来場いただきました計9,612人の皆様、ご出展・ご支援を賜りました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 これからも知的好奇心がもたらす心豊かな社会の創造にむけて、学都「仙台・宮城」サイエンス・デイを継続的に開催して参りたいと存じます。引き続き、皆様のご理解・ご協力の程よろしくお願い申しあげます。


学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2016 開催結果

日 時
2016年7月17日(日) 9:00~16:00
会 場
【メイン会場】東北大学川内北キャンパス 講義棟(A棟・B棟・C棟)、M棟(マルチメディア教育研究棟)
宮城県仙台市青葉区川内41

【メイン会場】東北大学川内萩ホール
宮城県仙台市青葉区川内40

【サテライト会場】東北大学カタールサイエンスキャンパスホール
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6

【サテライト会場】東北大学理学部自然史標本館(総合学術博物館)
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
※サイエンスデイ当日のみ入館無料
アクセス
東北大学川内北キャンパス講義棟
東北大学川内萩ホール
東北大学カタールサイエンスキャンパスホール
東北大学理学部自然史標本館(総合学術博物館)

会場となる東北大学内に、駐車場はございません。
路上駐車場及び周辺施設への駐車は、固くお断りいたします。
ご来場の際には、公共交通機関をご利用ください。

入場料
無料
来場対象
こどもからおとなまでどなたでも
出展申込
出展申込み受付を開始しました。出展の詳細についてはこちらをご覧ください。
来場者申込
体験ブースは申し込み不要です。 講座プログラムの申込みはお一人2講座までとなります。
講座プログラムの一覧はこちらをご覧ください
主 催
特定非営利活動法人 natural science (2007年6月設立)
共 催
東北大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所 東北センター、東北大学多元物質科学研究所、国立研究開発法人 科学技術振興機構、仙台高等専門学校、仙台市教育委員会、東北工業大学、公益社団法人応用物理学会東北支部、一般社団法人日本物理学会東北支部、一般社団法人電子情報通信学会東北支部、東北大学カタールサイエンスキャンパス、特定非営利活動法人物理オリンピック日本委員会
協 賛
株式会社ユーメディア、一般財団法人みやぎ産業科学振興基金
後 援
文部科学省、宮城県、仙台市、宮城県教育委員会、東北経済産業局、 東北学院大学、一般社団法人東北経済連合会、公益社団法人東北工学教育協会、国立研究開発法人理化学研究所、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、一般社団法人みやぎ工業会、学都仙台コンソーシアム、仙台商工会議所、 公益財団法人東北活性化研究センター、仙台市PTA 協議会、仙台管区気象台、宮城県中小企業団体中央会、公益社団法人日本技術士会東北支部、 一般社団法人宮城県発明協会、公益社団法人日本分光学会東北支部、公益社団法人日本天文学会、公益社団法人日本金属学会東北支部、一般社団法人電気学会東北支部、公益社団法人土木学会東北支部、一般社団法人日本建築学会東北支部、一般社団法人日本機械学会東北支部、公益社団法人日本化学会東北支部、公益社団法人日本水産学会東北支部、公益社団法人日本建築家協会東北支部、公益社団法人高分子学会東北支部、一般社団法人照明学会東北支部、公益社団法人 計測自動制御学会東北支部、公益社団法人 空気調和・衛生工学会東北支部、一般社団法人触媒学会東日本支部、公益社団法人石油学会東北支部、公益社団法人日本生物工学会、公益社団法人日本磁気学会、日刊工業新聞社東北・北海道総局、産経新聞社東北総局、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、朝日新聞仙台総局、河北新報社、東北放送、仙台放送、東日本放送、NHK仙台放送局、ミヤギテレビ、エフエム仙台
出展数
出展団体数:のべ131団体
出展プログラム数:合計110ログラム(講座プログラム型:46プログラム(144回実施)、体験ブース:63ブース)
天 気
雨のち曇り(最高気温25℃)
来場者
9,612人(昨年度:8,661人)
お問い合わせ
特定非営利活動法人 natural science 事務局
〒980-0023 仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル4階 Five Bridge 内
Tel.022-721-2035
URL http://www.natural-science.or.jp/
info@natural-science.or.jp
お問い合わせフォームはこちら
備 考
本イベントは学都「仙台・宮城」サイエンスコミュニティ(JST科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成地域型」平成25年度~平成27年度採択事業、提案期間:宮城県、運営機関:特定非営利活動法人 natural science)の土壌づくりの一環として開催しています。
ページのTOPへ