HOME > サイエンスデイAWARD2024 > 創設されたAWARD一覧

サイエンスデイAWARD2024

創設されたAWARD一覧

  • 日本化学会東北支部長賞

    賞設立者
    公益社団法人日本化学会東北支部 支部長 殷 澍
    審査基準
    化学と関連する現象に関して、その楽しさと背景に秘めるからくりをわかりやすく説明している出展を表彰します。
    副 賞
    周期表クリアファイル、化学の日缶バッジ、研究室見学
    授 賞
    ようこそ! エステルの世界へ
    宮城県工業高等学校化工部
    授賞理由
    当日の展示は非常に興味深く、「エステル」という化学物質に焦点を当て、化学反応のプロセスも分かりやすく説明されました。香料やプラスチックなどの身近な例を用いて、エステルの多様な利用法を実感させる内容であり、参加者は実際に実験を通じてエステルの合成や特性、応用について体験できるプログラムでした。これにより、化学の楽しさとその背景に秘められたからくりがわかりやすく説明されました。多くの参加者が集まり、盛り上がっていたと思います。

    仙台青陵 科学部賞

    賞設立者
    仙台市立仙台青陵中等教育学校・科学部
    審査基準
    私たち中高生の視点から、科学に対する興味・関心が湧き、「このような分野も科学の世界にあるのか」と私たちの心を釘付けにしてくれる内容であるかを審査基準とします。
    授 賞
    体験しよう地層処分! ~不思議なねんどの実験とバスボムづくり~
    原子力発電環境整備機構(NUMO)
    授賞理由
    ベントナイトが水にふれると固まる性質を活かして、地層を地下深くに埋めるというアイデアにとても驚きました。よくニュースで放射性物質について聞きますが、他人事として考えていました。このブースで、放射性物質の処理の問題を身近に感じることができました。自分たちの住んでいる町で、放射性物質の処理の受け入れが決まったら嫌だと思っていましたが、安全性が高く、真剣に放射性物質の処理について考えている方を目の当たりにして、考え方が変わりました。素敵な展示ありがとうございました。

    INTILAQアントレプレナーシップ賞

    賞設立者
    INTILAQ東北イノベーションセンター
    審査基準
    科学・技術が、
    ①世の中の課題解決のための手段として有効に活用されていること
    ②困難と思えるような取り組みに果敢にチャレンジしていること
    ③イノベーティブな取り組みであること
    を審査基準としています。
    副 賞
    起業家育成支援施設「INTILAQ東北イノベーションセンター」(仙台市卸町)でのイベント開催権(有効期限:2025年3月31日)日時・利用スペースについては後日ご相談に応じます。
    授 賞
    五重塔を揺らしてみよう!木組み体験コーナーもあるよ!
    宮城県立大崎高等技術専門校
    授賞理由
    木造建築が地震に耐えうる衝撃吸収の仕組み・理由を「五重塔」という立体模型を用いてしかもクイズを使ってわかりやすく説明している様子に感銘を受けました。中の構造が手に取るようにわかる五重塔の立体模型はインパクト抜群で参加者たちも食い入るように見たり触ったりしている姿が印象的でした。それを設計・構想するのに数か月を要したという関係者の熱意は、子どもたちが木造設計・建築に興味を持ち、将来のイノベーティブ人材を生み出す本当によいきっかけになったのではないかと感じています。

    発想が華丸で賞

    賞設立者
    仙台二華中学校 自然科学部
    審査基準
    対面を生かした発表や、中学生の視点から興味を惹かれるような演出をしたプログラムにこの賞を贈ります。その発表を見ることで「こんなこともできるんだ!」と科学の可能性を感じることができるような発表を期待しています。
    授 賞
    少花粉スギや無花粉スギって何だろう
    宮城県林業技術総合センター
    授賞理由
    東北で2024年にスギ花粉飛散量が増えたことに関連したタイムリーな発表でした。林業の服装の体験や木材に触ってみるコーナーなど、林業への関心を深めようとする展示があり、第一次産業人口の減少という社会問題解決にも貢献できている展示だと感じましたのでこの賞を贈ります。
    審査基準
    創意工夫は無限にあり、自然現象の原理を見極めてこれを創造しながら、無限に応用することは科学技術の発達には重要な考え方です。
    科学技術の成り立ちと、その技術の応用事例などについて分かり易く説明している出展について評価します。
    副 賞
    日本無線「JRC」製オリジナルAM/FMラジオキット
    授 賞
    ワイヤレスパワーで電池不要!ミニ四駆,プラレール,ドローン,ロボット金魚を動かしてみよう!
    東北工業大学 工学部 情報通信工学科 袁研究室
    授賞理由
     本展示では、「電波を使ってエネルギーを送ることができる未来のワイヤレス技術」をテーマにして、給電の基本的な技術を実際の動作等で説明して、その応用事例についても模型などで分かりやすく理解できるように工夫していました。
     具体的な展示内容では、実際には見えない電波を受けて、LEDが光ったり、プラレールや、ミニ四駆、ハムスターの回し車の模型を用いて参加者に興味を持ってもらうための工夫を感じました。電波は見えないので理解しにくい電波による給電ですが、展示の工夫で具体的な応用事例を手作りのミニチュアにすることで何に役立つのかわかるようにしていました。
     説明されていた「東北工業大学 工学部 情報通信工学科 袁研究室」の学生の皆さんは、動作だけではなく、しくみとして、なぜ電池が入っていないのに模型が動くのかなどを子供たち自身に考える説明を行っている内容が印象的でした。
     説明では、技術の原理から仕組みを理解し、動作の応用までの一連の内容で、来場した多くの子供たちなどが科学に興味を持つきっかけになっていたプログラムの内容でした。この説明にある電波で給電ができるのも数々の技術開発による「創意工夫」が生んだ結果であることがわかりました。実際には目で見えない電波ですが、今後も、電波の応用技術をより分かり易く説明する様な視点での取り組みに期待します。

    いろいろな科学技術があって勉強になったで賞

    賞設立者
    仙台城南高等学校
    審査基準
    今日の科学技術の知識と技術の発展を子供たちに分かりやすく伝え、日本の今後の科学技術の発展に貢献した団体
    副 賞
    生徒の創設した賞のため副賞などは用意できません。
    授 賞
    ~ 無線ってナーニ?? ~ 無線をつかうと、遠くの人とお話ができます!?
    一般社団法人日本アマチュア無線連盟宮城県支部
    授賞理由
    私たちの学校の科学技術科には情報通信コースがあり、そこでは、プログラミング以外にも、電波やアンテナに関する勉強もしています。展示物の中で、八木アンテナの模型の実演や船や飛行機の位置をGPSで観測する仕組み等、私たちが授業で学んでいることが分かりやすく説明されてあり、丁寧に解説もしていただきました。普段の授業内容をより深く理解することができ、大変勉強になりました。これからもぜひ、無線の魅力を多くの方々に伝えていって下さい。感謝の意味を込めて私たちの賞を差し上げます。

    東北経済産業局知的財産室長賞

    賞設立者
    東北経済産業局知的財産室長 桾澤 道夫
    審査基準
    身の回りの小さな不思議を解明するような実験や、「なるほど」、「もっと知りたい」、「やってみたい」と人の共感を得られるような取組に対して表彰いたします。
    副 賞
    ・知財でポン(知的財産権学習カードゲーム)
    ・図書カード
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    磁界とはそもそもなにかの説明から、電流と磁界の力関係、私達が日常生活で使っているモーターの原理をクリップモーターで体験でき、このような一連の展示・説明がとてもわかりやすかったことを高く評価しました。皆さんの今後の活動と、将来の科学を支える人材になって欲しいという願いを込めて、賞を贈りたいと思います。
    審査基準
    金属を含む材料、素材に関して、身近なものに対して奇想天外な着想をもって挑戦的かつ意欲的に取り組んだオリジナリティー溢れる企画・展示を対象とします。未来の金属博士を称えて表彰します。
    副 賞
    表彰盾
    日本金属学会 缶バッジ
    日本金属学会 コースター
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    スマホの充電などにも利用される「ワイヤレス給電」について自作のコイルを使って実験していました。二つのコイルを近づけたときにLEDが点灯する様子を子供たちが興味深げに見つめていました。また、「超電磁砲」では、電磁石によって小さな釘を加速して飛ばし、発砲スチロールに見事に打ち込んでいました。瞬間的に放電する必要があるため、電荷を貯める回路に使い捨てカメラを利用していたところも工夫が見られて良かったと思います。見学者の質問にも丁寧に答えていたのが印象的でした。
    審査基準
    地学にかかわる現象をわかりやすく解説し、人の生活にどのように関係しているかを興味深く解説している出展者に差し上げます。
    副 賞
    当法人で出版した書籍「自然災害へのそなえ~マイマップづくりのススメ~」と「自然災害についての 防災Q&A 100」を各1冊ずつ副賞として贈呈いたします。あわせて、当法人の関連する日本技術士会東北本部応用理学部会の技術サロンでの講演権を差し上げます。
    授 賞
    天気と火山の話を聞いてみよう!災害をVRで体験しよう!
    仙台管区気象台
    授賞理由
    本講座では、7回にわたり、すべて違う講演内容となっており気象台の業務内容と防災にリンクしたコンテンツであった。今回視聴した「ウルトラクイズ」と「火山の調査に密着」について評価した。前者では○×クイズであり、地震および気象クイズについて親子参加者が真剣にかつ楽しそうに回答を行っていた。司会者の運営と会場の一体感も素晴らしかった。後者ではサーモカメラや熱電対を持参し吾妻山大穴火口の調査した記録をドキュメンタリーにまとめており、見る側に地学アドベンチャー的興奮を与えた。また火山実験では、石膏と重曹とのりをミックスしたマグマが発泡し、紙粘土で作った火山の火口から流れ出る噴火模型であった。かなりリアルなゆっくりとした溶岩流出状況を模型サイズで再現できており、火山地形の形成を理解できることになったと思われる。今後の火山噴火に対し、どう避難するかというリアルな防災知識が得られたという点で、本賞の「人の生活にどのように関係しているか」という趣旨に合っていると判断した。気象台のほか、協力しておられた諸団体の総合力が際立っており、他の団体よりもかなり優れたプログラムであった。おめでとうございます。

    仙台歯科技工士専門学校 学校長賞

    賞設立者
    伊藤 多佳男
    審査基準
    科学技術発展の礎となるのは,自分の理解できないことを知ろうとする「知的好奇心」と自らの知的好奇心を満たすための「探究心」です.「教科書と違うことをやってみたい!」という遊び心や「まだ教科書に載っていないことを明らかにしてやろう!」「教科書の嘘を暴いてやろう!」という若い意欲と情熱を前面に出した出展で,こちらが思わず「なるほどね!」「面白い!」と笑顔で言いたくなるような取り組みを表彰させていただきます.
    副 賞
    ミニ義歯ストラップ
    出張授業体験(ご希望に応じて)
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    仙台二華中の出展は毎年非常にレベルが高く,AWARDにおける表彰数が常に最多レベルにあることも納得できる内容でした.私もこれまでに幾度表彰しようと思ったことか.ただ,私がサイエンスデイに求めるものは「子どもたちのキラキラした瞳」と「私自身の楽しさ」という非常に単純なものだったりするので,その視点から考えると,これまでの二華中さんの出展は,敢えて言うなら大人受け,玄人受けの良い内容であったように感じてしまっておりました(個人の感想です).
    ところがどうでしょう.今年は随分と雰囲気が違い,生徒さんたちの一生懸命さ,各ブースそれぞれの理解度の高さ,準備の周到さは無論例年通り.では,何が違ったかと言うと,出展者である生徒さん自身が「すごく楽しんでるなぁ.」と感じられたことです.(私にとっては中学生である出展者の目がキラキラしていることもすごく嬉しいことですので.)何よりも超電磁砲チームの皆さんの楽しそうな雰囲気に私の気持ちは持っていかれました.端子の腐食が進み,電池の在庫も底をつき,それでも来場者に披露しようと放つ乾坤一擲の一撃で,砲弾の装填を忘れる…こういうのって,終始予定通り進んだイベントよりも絶対に本人たちの心に残りますよね.私も忘れませんw
    頑張った結果としての失敗は成長の糧.来年度以降の二華中自然科学部の出展を今から楽しみにしております.

    仙台高校 良かったで賞

    賞設立者
    仙台市立仙台高等学校
    審査基準
    高校生にも分かりやすく、興味をもったもので、印象深い内容であったかを審査基準とします。
    授 賞
    ILC縁日 ~宇宙のなぞを楽しく学ぼう~
    東北ILC推進協議会
    授賞理由
    高校生にも分かりやすい説明や展示が多く、缶バッチ作りや輪投げなどを通して、ILC(アイ・エル・シー)について身近に感じて興味を持てるように工夫されていたので、受賞を決定しました。楽しい体験をありがとうございました。

    『科学の花咲く』賞

    賞設立者
    やまがた『科学の花咲く』プロジェクト
    審査基準
    やまがた『科学の花咲く』プロジェクトは、(1)科学コミュニケーターの養成及びネットワーク形成、(2)地域・家庭で出来る科学体験ツールの開発、(3)新たな科学コミュニケーション機会の創出、を趣旨として様々な科学体験の企画、実践に取り組んでいます。プロジェクトの趣旨に基づき、
    ・多くの人が気軽に参加して楽しめる。
    ・簡単な作業で「科学遊び」ができる。
    ・科学コミュニケーターが安全に配慮しながら丁寧に指導している。
    を審査基準に、優れた出展を表彰します。
    副 賞
    科学学習教材
    授 賞
    作ってみよう!自分だけの宇宙
    仙台市立仙台高等学校天文地学部
    授賞理由
    星空は誰もが意図せずとも目にする機会の多い身近な景色である。しかし、その身近な星空に秘められた科学真理に思いを巡らす事は専門家を除いてなかなかないとも考えられる。宇宙を主題とする工作活動は、宇宙の様々な側面を改めて認識する上で意義があると言える。
    当該団体は、少人数ながら、来場者に宇宙の魅力を伝えるべく情熱的に、懇切丁寧に工作活動を指導していた。当該団体の活動は本賞の審査基準を満たすものであり、本賞の授与対象と判定した。
    審査基準
    電気電子に関する科学技術を、見ている人が楽しむことができ、分かり易くその可能性を感じることができる企画を実施できているかを評価して賞を決めたいと思います。また、出展者自身たちが楽しめているかどうかも評価したいと思います。
    副 賞
    電子工作キット
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    「電気」をテーマにした展示は、私たちの身近にありながら不思議な存在である電気について理解を深め、感じ取ることができる内容でした。生徒たちが主体となって電気の「なぜ」を探求する様々な展示を行い、その過程で来場者が楽しみながら学ぶ姿は非常に印象的でした。また、これらの展示が我々の電気電子工学科が対象としている電気を扱っていた点も本賞の目的に合致していました。以上の点について高く評価し、賞を贈らせていただきます。

    仙台市天文台 台長賞

    賞設立者
    仙台市天文台 台長 小野寺 正己
    審査基準
    自然の理解が深まり、科学が好きになるようなプログラムを選びます。
    副 賞
    ベガ号で出張観望会(2025年度開催)
    授 賞
    食虫植物の世界
    宮城県仙台向山高等学校 自然科学部
    授賞理由
    多くの子どもたち(大人も)が、興味を持ち、待ち列を作っても見てみたいという気持ちがあふれていたのが印象的でした。観察させる高校生も楽しそうに説明している姿も印象的でした。植物のブースが少ない中、本物の植物を見せているところが、とてもよかったのだと思います。
    審査基準
    科学や技術を、小学生、中学生に、最もわかりやすく説明あるいは体験させた団体に贈ります。子どもの時から科学や技術に興味をもつことはとても大切です。それ以上に、興味をもってもらう努力をすることの方が大切です。そうした先進の取り組みをした団体を表彰したいと思います。
    副 賞
    多元研グッズなど
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    「電気」や「磁界」について順番にわかりやすく体験させてくれるプログラムでした。はじめに静電気の体験があり、次に手回し発電機、そして磁界を砂鉄で見る体験ができます。次に、磁界の中に置かれたコイルのブランコに電流を流すと、ブランコが動き、磁界と電流により力が発生することが分かります。そして最後にクリップモーターを作成するのですが、このときにはモーターの仕組みが全てわかってしまうという、非常に練られた内容でした。説明も非常にわかりやすく、よく練習されたものでした。また、難しい質問に対し、一緒に答を探す姿がとても頼もしかったです。今後も科学を楽しんで、たくさんの人に科学の面白さを伝えて下さい。

    東北大学理学研究科長賞

    賞設立者
    都築暢夫・東北大学大学院理学研究科長
    審査基準
    皆さんの周りで起きている自然現象に「なぜだろう」と感じることはありませんか?「なぜだろう」を見つけ、もっと詳しく知りたいと思うことはありませんか。なぜ起きるのか仮説を立て、実験や観察を通して仮説が正しいか確かめ、「自然の理(ことわり)」を解明するのがサイエンス(理学)です。東北大学理学研究科は最先端研究を通じて「自然の理」を明らかにし、人類共通の知的財産を創造することで、人の心や生活を豊かにし、豊潤な社会の構築へとつなげています。東北大学理学研究科長賞は、皆さんの周りで起きている自然現象の中に見つけた「なぜだろう」を題材とした、サイエンスの楽しさあふれる出展プログラムに贈ります。
    副 賞
    記念盾の贈呈、ならびに受賞した皆様を東北大学大学院理学研究科で実施している最先端研究を紹介する「ぶらりがく for You」にご招待します。なお、記念盾にお名前などを打刻するため、その制作が表彰式までに間に合わないことから、式当日は「目録」を贈呈します。
    授 賞
    ぶつりおもちゃ祭り
    宮城県仙台二華高等学校 物理部
    授賞理由
    身近にあるおもちゃの中にある物理原理を取り上げてわかりやすく解説していました。光、水、風を活用したおもちゃや、気化など相変化を利用したおもちゃなどを用いて、物理現象を上手に説明していました。さらに、風車と三枚羽根風車の発電量に関する実験などユニークな視点で物理現象を考察していました。また、おもちゃ作りを通して科学の面白さが参加者に伝わっていました。サイエンスの楽しさが溢れていました。
    審査基準
    産総研では「ともに挑む。つぎを創る。」というビジョンのもと、イノベーション創出による社会課題解決を目指しています。この取り組みを踏まえ、科学技術から生まれる夢を表現している出展を評価します。
    副 賞
    アザラシ型メンタルコミットロボット「パロ」1日出張チケット
    授 賞
    集まれ!惑星探査機!
    東北大学大学院理学研究科太陽惑星空間系領域
    授賞理由
    欧州や米国など、世界中の国々と協力して水星・金星・火星・木星などの星のなどに挑んで、解明する最先端の説明を分かりやすく説明していました。説明する学生の皆さんの目の中にもキラキラした星が光っていました。

    学び支援協会理事長賞

    賞設立者
    一般社団法人学び支援協会 理事長 古川宏治
    審査基準
    算数・数学や理科があまり得意でないと思っている児童生徒にとっても、「なんだか面白そう!」と感じるような、科学や技術からの「学び」へのアプローチに注目します。「それって科学だったんだ!」という種明かしや、難しそうなテーマでも「なんだそんなことか!」と拍子抜けするような解明など、特に期待しています。「学び」って面白そう!と思われてくれるプログラムを表彰させてください。
    授 賞
    発酵食品の不思議 ~コウジキンがつくる「こうそ」/美味しい「みそ玉」をつくろう~
    公立大学法人宮城大学 (発酵化学研究室)
    授賞理由
    普段誰もが口にしている味噌を題材にして、麹菌の存在と働きから「酵素」がどんな機能を果たすかをこどもたちにもわかりやすく伝えようとしたチャレンジを称えたいと思います。食品を加工する際に、「麹菌」の力を借りた「発酵」を利用するお酒や味噌醤油には慣れ親しんでいますが、「麹菌」がどんな機能を発揮するのが「発酵」なのかよくわかっていませんでした。「酵素」すごいですね。おいしい仙台みそも「麹菌」や「酵素」があったからできたということを認識しました。実験を通して、「酵素」への理解を形成できる機会提供素晴らしいです。

    日本分光学会東北支部長賞

    賞設立者
    日本分光学会東北支部 支部長 藤井朱鳥
    審査基準
    分光学は様々な光による自然の観察を行う研究分野ですが、光による観察は非常に広く有力な手段として活躍しています。光を上手く使った研究、対象をよく観察し、工夫をこらした研究を評価します。
    副 賞
    クリスタルトロフィー
    (後ほど受賞者に送付します)。
    授 賞
    ぶつりおもちゃ祭り
    宮城県仙台二華高等学校 物理部
    授賞理由
    様々な物理現象を上手くおもちゃに落とし込み、科学を楽しむと同時にその本質を理解できるように良く工夫がされていました。解説も明快で、なにより各担当者が楽しみながら説明をしていることが好印象でした。

    日本機械学会東北支部長賞

    賞設立者
    日本機械学会東北支部支部長 中田俊彦
    審査基準
    日本機械学会東北支部は、日本の産業をささえる乗りものやロボットなどのものづくりに貢献する東北地区学会員の集まりです。将来の機械工学を担ってくれる若者を発掘するために賞を設けました。機械工学に関連する才能あふれた内容を表彰します。
    副 賞
    工作工具セットを副賞として後日お送りします.表彰式では目録をお渡しいたします.
    授 賞
    五重塔を揺らしてみよう!木組み体験コーナーもあるよ!
    宮城県立大崎高等技術専門校
    授賞理由
    五重塔の木製模型を使って、機械工学の基本要素である弾性を、応力と歪みの専門用語を用いずにわかりやすく体験させて理解を促すとともに、日本の伝統的な木造建築のなかに匠の技として実装されてきた気づきをクイズ形式で引き出したこと。
    審査基準
    協働で取り組んだ成果のあとが見えるもの、私たちの暮らしや地域社会を豊かにすることにつながるもの、人々を笑顔にする力があること、まちづくりや建築につながるテーマや、ウィズ/アフターコロナ時代の暮らしを豊かにするテーマ
    など
    副 賞
    建築学科オリジナルクッキーと大学オリジナルグッズの詰め合わせ
    授 賞
    LEDを使って光るオブジェを作ろう
    仙台城南高校美術デザイン部&からくりロボット研究部
    授賞理由
    最初に、異なる2つの部の協働での企画・出展というところを評価しました。さらに子どもも親も一緒に楽しめる企画であること、日常を彩ることができるインテリアオブジェを制作する企画であることなど、本学部・学科としても共感できる点を評価しました。参加者も生徒さんたちも笑顔あふれる企画で、制作し点灯したときの喜びも得られる企画でよかったです。今後も、生活を豊かにするデザインの魅力と科学のおもしろさを融合させた協働の利点を活かした企画出展に期待します。

    東北工大情報通信工学科賞

    賞設立者
    東北工業大学工学部情報通信工学科長 佐藤 篤
    審査基準
    情報通信に関連する技術について,わかりやすく解説している企画や,楽しい企画であって,情報通信工学の専門家の目から見てすばらしいと思える企画に与えます.
    副 賞
    モバイルバッテリーと消せるボールペン
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    仙台青陵中等教育学校科学部の「身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね」は情報通信の基盤となる電気・磁気について、静電気からエネルギーの変換、磁界、モーターの仕組みまで、身近な実験を通して分かりやすく伝えていました。実際に動作するクリップモーターを小学生でも作れるようにしていたのも素晴らしかったです。

    IEEE Sendai WIE 活躍賞

    賞設立者
    IEEE Sendai WIE
    審査基準
    科学や技術、またそれらの教育に対して自由な発想で活動しており、かつ男女共同参画の観点から、女性研究者の活動促進・支援の観点からも評価できる団体に対し授与する。
    副 賞
    ・IEEE Sendai WIE オリジナルグッズ
    ・IEEE Sendai WIEホームページへ活動紹介が掲載できる権利(詳細は相談)
     https://www.ieee-jp.org/section/sendai/AG/wie/index.html
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    IEEE Sendai WIEでは女性の技術者や研究者への支援を目的として活動しております。イベント中、積極的に説明をしてくれる姿勢や、にぎやかで明るい雰囲気がとても印象的でした。出展の内容についてだけでなく、普段の活動についても質問をしましたが、対応してくれた女子生徒さんがわかりやすく丁寧に答えてくれました。ここ数年での部活動における女子生徒の比率の増加についても教えていただき、今後の理工学系分野を牽引する人材に成長し、活躍しほしいという期待を込めてえらばせていただきました。
    審査基準
    ソニーグループでは、新教育プログラム「CurioStep(キュリオステップ)」を通し、あらゆる子どもたちの好奇心を拡げ、創造性や問題解決力、多様性を受け入れる力の向上をサポートするブログラムを全国で開催中です。このコンセプトに沿い子どもたちが創意工夫しながら主体的に取り組み、未来への夢や希望、また好奇心を掻き立てられるような演示を行った学校・団体様に対して贈呈させていただきます。
    副 賞
    ソニー製品
    受賞者と相談のうえ、リストの中からご希望のソニー製品を選んで頂きます。例)ウォークマン、ワイヤレススピーカー、Blu-rayプレーヤーなど。
    授 賞
    光ってなんだろう?みんなで光を観察しよう!
    宮城県多賀城高等学校 SS科学部
    授賞理由
    わたしたちの生活に身近なものである「光」を、スライドでの紹介と目の前で行う実験を組み合わせて、小学生にも理解ができるような分かりやすい内容で説明をしていました。この説明を聞いたこどもたちは、「光」や「科学」って面白いな、と好奇心を刺激され、もっといろいろなことを知りたい、学びたいと感じたのではなないかと思います。サイエンスデイの開催趣旨に沿った素晴らしい出展でしたので、ソニーグループ賞を送らせていただきます。

    心に鮮やかインプレッ賞

    賞設立者
    テラヘルツ光研究領域・理化学研究所
    審査基準
    わくわく感・はっとする気持ちなど、科学に関連する喜びや発見などを通じて、心を揺り動かす鮮やかな印象(インプレッション)を引き起こしてくれるテーマを選定したいと思います。既成概念や常識にとらわれない自由でオリジナルな発想を期待します!
    副 賞
    理研グッズ等詰め合わせ
    授 賞
    鳥海山の頂から世界を目指せ!地域の未来を情報技術で切り拓くジュニアドクター育成塾
    東北公益文科大学公益ジュニアドクターセンター
    授賞理由
    小学生から高校生まで幅広い次世代の研究者が、独自の発想で複数年の研究活動を行い、基礎科学である放射性物質の半減期の推定や重量レンズ効果のシミュレーションから、社会問題である事故を減らす研究、それに遊佐町の伝統芸能の継承問題まで、様々な角度からそれぞれの独創的な研究活動を行い、確りとまとめて成果発表を行っていました。真剣に研究と向き合う姿に心を揺り動かされ、鮮やかな印象(インプレッション)を持ちました。次世代の日本の研究者を育成する素晴らしい事業です。
    審査基準
    このアワードは、私たちの身近な生活、とくに“衣・食・美”を豊かにしてくれるという観点から賞を差し上げたいと思います。
     たとえば、衣であれば繊維の科学、染色の科学、食であれば味の科学、栄養の科学、美であれば光学的自然科学、映像美学、自然学などの分野で、生活を豊かにするような興味深い現象や物を見つけて、それらの原理を解明して生活への応用を提案していただきたい。
    副 賞
    副賞 ガラスオブジェ「『蒼焔』(そうえん)」 山口綾子さん(東北生活文化大学美術学部非常勤講師・本学出身)制作によるガラスオブジェ「『蒼焔』(そうえん)」作品
    授 賞
    天平時代の造形技術「乾漆」を体感しよう!
    公立大学法人宮城大学
    授賞理由
    展示されている乾漆による椅子や大机を見たり、触れたり、実際座ると、「デザインは形態だけではなく、材料、技術、機能を備えていなければならない。」という柳宗理の成形合板によるバタフライ・スツールが思い出される。1950年代後半に出現した、その形態は新鮮な驚きであった。縄文時代からの「漆」、天平時代の仏像の「乾漆」という日本の伝統的技術と組み合わされた、これらの椅子や大机の造形物は、現在のわれわれに、「プロダクトデザイン」として驚きをもって新鮮に語りかけてくる。人体美学としての椅子そのものがデザインされており、そのモダニズム性はもちろんのこと、AI(人工知能)による幾何光学とも連結しうる造形美が感じられる。

    宮城県産業技術総合センター所長賞

    賞設立者
    宮城県産業技術総合センター所長賞 伊藤正弘
    審査基準
    産業を支える科学技術について、わかりやすく、楽しく、感動できる内容で出展しているか、また、なぜそうなるのかわかりやすく解説しているかを重視します。
    副 賞
    宮城県産業技術総合センターによるデザイン力や加工技術を活用して作製したオリジナルのアクリル製の楯
    授 賞
    ロケットを作ろう!~今日から君もロケット博士~
    FROM THE EARTH
    授賞理由
    クイズでロケットについて学んだ後に、自分で考えたロケットが発射台から飛行していくシミュレーションはワクワクする取組みでした。また、実際に手を動かしてロケットの羽根を作り、そのロケットを使って行う風洞実験はものづくりの楽しさを伝えるとともに、空力について体験する場を提供することで、子どもたちの知的好奇心を引き出していたことを評価し、この賞を贈ります。

    Tohtech Dean Award 2024

    賞設立者
    東北工業大学 工学部長 工藤栄亮
    審査基準
    東北工業大学工学部は、ものづくりの楽しさや、独創的なアイデアを実感できる高校生以下のみなさんの企画を応援します。審査のポイントは、
    ・チームでの試行錯誤の過程とその成果が感じられるもの
    ・背景にあるサイエンスへの洞察にすぐれたもの
    です。
    副 賞
    東北工業大学オリジナルグッズ
    授 賞
    光ってなんだろう?みんなで光を観察しよう!
    宮城県多賀城高等学校 SS科学部
    授賞理由
    光について,実験も交えながら,わかりやすく解説されていました.午前と午後の2回拝見したのですが,後で見た方が,よりわかりやすく進化していて大変驚きました.質問に対しても丁寧に答えられていたのが印象的で,みなさんの熱意に敬意を表し,本賞を贈呈いたします.

    応用物理学会東北支部長賞(しぶいで賞)

    賞設立者
    宮﨑讓・応用物理学会東北支部長
    審査基準
    1.一見地味なように見えるが味があり、光るものをもっている。
    2.使われている技術は世の中のためになる(応用できる)ものであること。
    副 賞
    1. 応用物理学会東北支部オリジナル実験キット「オリジナルカメラをつくろう!」
    2. しぶ茶(深蒸し茶)
    3. 応用物理学会に所属する大学の研究室見学(ご希望内容によっては,調整をお願いする場合がございます)
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    「電気」とひとことに言っても、静電気から電磁誘導、発電など様々な物理現象があります。こうした身のまわりの電気に関わる多数の物理現象を題材とし、誰もが知っている内容でありながらも、独自の視点からの解釈や工夫を加えた質の高い展示でした。使い捨てカメラを分解して、そこに使われているコイルでは性能が足りないので、必要な高電圧を得るためにいろいろ工夫したこと(当然、安全の範囲内で)を聞き、大変感銘を受けました。審査基準に照らし、最も本賞に相応しい展示であると判断しました。

    国立仙台高等専門学校 校長賞

    賞設立者
    国立仙台高等専門学校 校長 澤田惠介
    審査基準
     自然の神秘に感動する企画や、科学や工学の魅力にワクワクする企画など、サイエンスへの関心を高める素晴らしい企画を表彰いたします。
    副 賞
    特製の盾
    授 賞
    食虫植物の世界
    宮城県仙台向山高等学校 自然科学部
    授賞理由
    微生物から動植物に至るおよそ地球上の全ての生物が厳しい環境を生き抜く中で得た形質や戦略から、工業製品の高性能化や最適化のヒントを得るバイオミメティクスが注目されています。今回のサイエンスデイ2024でも多くの生物に関する展示があり、いずれも生命の神秘や生存戦略に触れることができる素晴らしい内容となっていましたが、「キモ可愛い」食虫植物の形質や環境適合戦略について熱く語ってくれた仙台向山高等学校自然科学部の皆さんの食虫植物に対する深い愛情を高く評価いたしました。

    国立仙台高等専門学校広瀬キャンパス賞

    賞設立者
    国立仙台高等専門学校 広瀬キャンパス副校長 白根 崇
    審査基準
    小学生や中学生が、科学や技術を学びたい!と、目を輝かせるようなものに贈ります。
    副 賞
    特製の盾
    授 賞
    まじかるマグネット ~磁石(じしゃく)であそぼう~
    東北学院大学 工学総合研究所
    授賞理由
    ガウス加速器は、知識としては知ってましたが、実際に見たのは初めてでした。いろいろな派生実験を思いつくよなぁと個人的に思うとともに、子供たちもそうなると良いなと思いました。こどもたちを磁石にかかわるおもちゃでビックリさせ、将来の実験の種を多数提供している点を評価しました。

    国立仙台高等専門学校名取キャンパス賞

    賞設立者
    国立仙台高等専門学校 名取キャンパス副校長 伊藤 昌彦
    審査基準
    身近なものに潜んでいる科学に気づいたり、何かを発見したりしてワクワクした喜びを表現し伝えてくれる企画へ贈りたいと思います。
    副 賞
    特製の盾
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    目に見えない電気を、様々な実験をとおして、身近に感じることができるように展示し、説明していた点を評価します。中でもコイルガンは、電磁気についての現象の理解と、実験装置を実現するための身近な回路の利用に、安全への配慮と創意工夫が見られたので、賞を授与することにいたしました。

    電気学会東北支部長賞(電気はおもしろいっ賞)

    賞設立者
    一般社団法人電気学会 東北支部長 山田 利之
    審査基準
    電気に関する研究技術が「人」と結びつくプロセスを通じて知的好奇心を生み出し,心豊かな社会の創造に資するもの
    副 賞
    図書カード(10,000円分)
    授 賞
    ~ 無線ってナーニ?? ~ 無線をつかうと、遠くの人とお話ができます!?
    一般社団法人日本アマチュア無線連盟宮城県支部
    授賞理由
    日本アマチュア無線連盟宮城県支部と東北大学学友会アマチュア無線部・国立仙台高専広瀬アマチュア無線クラブの共催イベントとして、モールス通信やトランシーバ通話、フライトレーダーなどの充実した通信体験を共有し、展示者も参加者も年齢の垣根を越えて楽しめる点が評価できる。特別企画として今年100周年を迎える八木・宇田アンテナの展示・ポスターもとても分かりやすくまとめられており、今後も温故知新の活動を期待したい。

    化学は楽しいで賞

    賞設立者
    東北工業大学工学部環境応用化学科
    審査基準
    身近な生活のなかの現象や不思議、ちょっとした生活の工夫について、化学の知識や手法を通じて、出展者自らが楽しく説明をしてくれていること。そして、視聴した参加者のみなさんが、「へぇ~」「ほぅ」などと感嘆している様子がうかがえるプログラムを提供された出展者を表彰します。
    副 賞
    ・東北工業大学・環境応用化学科名入り文具
    ・東北工業大学クッキー
    授 賞
    ようこそ! エステルの世界へ
    宮城県工業高等学校化工部
    授賞理由
    本格的な化学実験であるエテルの合成を小学生相手に演示実施しているという点にまず驚かされました。また原料のカルボン酸種,アルコール種を変更することにより合成されるエステル種が異なることを、発生する香りにより判定する工夫には感心します。また小学生相手にテキパキと実験を進めていく高校生の実験態度や、実験を終了して満足気な参加者の様子など非常に印象的でした。
    審査基準
    科学の面白さを伝えるときに欠かせないのは、自分自身がその取り組みを楽しんでいるかどうかだと思います。審査基準・対象は、得られた結果をじっくり考察し、研究のオリジナリティが発揮されているかに加え、ここが面白い!と精一杯伝えようとしている中高生・大学生です。出展者のワクワクが最も伝わってくる団体を表彰します!
    副 賞
    東北大学金属材料研究所のオリジナルグッズ
    授 賞
    ようこそ! エステルの世界へ
    宮城県工業高等学校化工部
    授賞理由
    小学生や大人の参加者相手に、実験の手順、化学反応のプロセスはもちろん、安全面にまで配慮して、高校生が手際よく教えていた点がとても印象的でした。
    実際にできた合成物の違いを香りで判別できるため、目には見えにくい化学反応を、参加者の実体験と結びつけやすくなっており、よく工夫された実験系だったと思います。
    落ち着きのある進行の中にも、「実験って面白いよ!」という高校生自身の熱意ある声が伝わってくるような、魅力的な実験でした。

    東北大学言語学研究室異文化交流賞

    賞設立者
    東北大学文学部・文学研究科言語学研究室
    審査基準
    すぐれた科学研究について、日本の文化を背景としない外国人にもわかりやすく、興味深く、親しみやすい形で出展しているか。本研究室の留学生、および留学生と日常的に接する日本人学生が審査します。
    副 賞
    多言語版賞状と東北大学言語学研究室ツアー
    授 賞
    天気と火山の話を聞いてみよう!災害をVRで体験しよう!
    仙台管区気象台
    審査基準
    ヒトの身体(からだ)仕組みは複雑ですが、その仕組みをわかりやすく説明している出典について、将来の医療にどのように役立つかという視点で評価し、表彰します。
    副 賞
    東北医科薬科大学 オリジナルグッズ
    授 賞
    カレーの黄色成分の不思議な性質に触れながら薬の研究を学ぼう
    東北大学大学院薬学研究科
    授賞理由
    普段口にしている料理のカレーの中に、病気に有効な成分が含まれており、身近な食べ物に新しい薬の開発のヒントが隠されていることにとても興味深く感じました。これからの研究の発展や、またカレーのスパイスに限らず、他の身近な食べ物の中にもこういった医療に貢献するような成分が今後発見される可能性も考えられ、将来の医療の発展に大きな期待を感じられた内容でした。

    ファミリーでワクワク!ララガーデン長町賞

    賞設立者
    ララガーデン長町オペレーションセンター所長 桑田 泰博
    審査基準
    ファミリー向けの商業施設として仙台市太白区に誕生し、今年2024年に開業15周年を迎えるにあたり、「家族の時間をワクワクさせる、ゆたかにするデイリーコミュニティモール」という施設方針に沿って、小さなお子さまも含めた家族みんなで学べる・楽しめる発表・出展を表彰いたします。
    副 賞
    ララガーデン共通お買物券・お食事券 10,000円分
    ※部活動で使用する消耗品や備品などの購入にお役立てください。
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    「クリップモーター」は身近で少ない材料から作って学ぶことができ、また、誰もが体験している「静電気」のしくみを楽しく・分かりやすく疑問を解決していたと思います。日常の中にある「科学」の学びを大人から小さなお子さままで「へぇ~」と体験できるブースでした。

    中高生最優秀発表賞

    賞設立者
    東北大学生命科学研究科・酒井 聡樹
    審査基準
    中高生の、独創性の高い発表をしたものに贈る。
    授 賞
    ぶつりおもちゃ祭り
    宮城県仙台二華高等学校 物理部
    授賞理由
    風車による風力発電という試みが斬新で、発展性を感じるものであった。研究内容もしっかりとしていた。

    東北大学大学院医工学研究科長賞

    賞設立者
    東北大学大学院医工学研究科長 西條 芳文
    審査基準
    東北大学大学院医工学研究科では、工学と医学のふたつの学問に立脚し生命の神秘に触れながら革新的な医療技術を生み出し人類の社会福祉に貢献する独創的な研究活動を行っています。そこで本研究科では、高校生以下の個人・団体を対象に、日々の生活に希望や喜びをもたらす独創的で優れたプログラムに賞を贈ります。
    副 賞
    アースクロック(時計)
    本体に名称を刻印するため、表彰式当日は、「目録」にて対応させていただきます。
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    日々の生活に希望や喜びをもたらすだけではなく、数々の医療機器の原動力にもなっている「電気」をテーマにして、来場者が理解しやすい説明や子供たちの興味を惹く実験を、生徒さんが中心になって企画・実行したところに明るい未来を感じました。
    審査基準
    環境の視点から科学を「E」感じで表現したプログラムを表彰します。
    副 賞
    研究科オリジナルエコバッグ
    授 賞
    生物多様性(せいぶつたようせい)ってなあに? 〜カードゲームでシミュレーションしてみよう〜
    東北大学生態適応グローバルCOE
    授賞理由
    生物多様性の重要性について、植物の種類や生物が我々の生活にもたらす恩恵などに関するクイズや、カードゲームによるシミュレーションを通して分かりやすく学べるような内容となっていました。参加者も興味を持って講座を受講していました。生物多様性の重要性について非常にわかりやすく説明をされていて、地球環境の観点からも非常に重要であることを理解できるプログラムとなっていましたので、受賞対象としました。

    科学はアートだ!賞

    賞設立者
    ODA(おだ)プレーン愛好会
    審査基準
    美しい!と感じられる展示や発表に賞を差し上げます。よく飛ぶ紙飛行機は機能的で美しい形をしています。そして飛ばした紙飛行機は青空に美しい曲線を描きます。科学とアートは仲良しです。そのような展示や発表に賞を差し上げます。
    副 賞
    希望により,高性能紙飛行機教室(20名程度)を出前します。
    授 賞
    電池のしくみを知ろう!
    プライムアースEVエナジー株式会社
    授賞理由
    普段何気なく電気を使っていますが,どのような装置に蓄えられているのか知っているのは少しだけです。製品のカバーを切りとり内部が見えるように展示されていました。多数生産されているにもかかわらず持ち主でさえ目にするものではないのですが,このように展示することにより,機能的な形と美しさを感じました。

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    スリーエム仙台市科学館長 加藤 民夫
    審査基準
    仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考えながら取り組めるプログラムであるか。
    ②チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを楽しめるプログラムであるか。
    副 賞
    科学館を会場にしてのイベントプログラム(展示発表やワークショップ等)開催の権利を授与します。(令和6年度内に実施)
    授 賞
    空気砲で空気の形を予測しよう!
    宮城県仙台第三高等学校 わくわくサイエンス
    授賞理由
    小さな子どもから、大人まで楽しめる体験的なプログラムでした。子どもに人気のある空気砲。その発射口の形の違い(丸、四角、星、四つの丸)から発射された煙の形はどうなるの?という疑問を子どもたちに投げかけ、子どもたちの反応がたくさん湧き出ました。子どもたちの声を聞きながら実験を進めて行く過程がとても良かったです。また、実際に空気砲の発射を体験させたり、工作シャボン玉作りをしたりと、当館のコンセプトでもある「見て、触れて、試す科学」の審査基準にぴったりのプログラム内容でした。
    審査基準
    ①サイエンスを見て、触れて、気づきを与える工夫のあるもの 
    ②気づきから未来に思いを走らせ、ヒトを楽しませる、豊かにする、さらには多くの人に役に立つ"コト”を創造させるもの
    ③サイエンスが“つくる”未来を見せよう!とするもの
    以上の項目やアントレプレナーシップに少しでも深く関連した出展者を表彰する。
    授 賞
    ぶつりおもちゃ祭り
    宮城県仙台二華高等学校 物理部
    審査基準
    科学をわかりやすく伝える実験であるか
    参加した人が楽しんで参加できる実験であるか
    副 賞
    「だよん」特製の盾
    授 賞
    身近なもので科学を体験しよう!〜科学っておもしろい!〜
    宮城県多賀城高等学校 SS科学部
    授賞理由
    日常生活で身近にある物を使って「雲」を作ってみたり、地元の特産品を活用して「pH実験」を参加者と一緒にしてみたりと、普段を生活を送っていく中で、科学を身近に感じてもらえる工夫がなされていた所。

    東北公益文科大学 ジュニアドクター鳥海塾賞

    賞設立者
    東北公益文科大学 ジュニアドクター鳥海塾
    審査基準
    東北公益文科大学ジュニアドクター鳥海塾で学ぶ小中学生20名ほどが当日、会場内の各ブースを体験させていただきます。塾生たちの目線から、次の3つの観点で総合的に評価して表彰いたします。 ①公益的な要素(地域のため・誰かのため・未来のため)が感じられるもの ②楽しめたもの ③学びを得られたもの
    授 賞
    体感!電気電子〜ロボット・電子機械を知ろう〜
    東北工業大学工学部電気電子工学科
    授賞理由
    ロボットのような目の前にある具体的な存在で、普段実感しづらい振動などの現象を実感できる仕組みが工夫されていた。見学した鳥海塾の塾生の意見を総合すると、これからプログラミングを学ぶかれらから見て、プログラミングとは単に動かすことが目的ではなく、その先に誰かの役に立つことを自然と想起できるようなストーリーになっていたことが感じられる。また見学者自身も、これからサイエンスを学んでいく意欲が大きく高まっていた。以上のように、公益的かつ教育性豊かな展示であることから東北公益文科大学ジュニアドクター鳥海塾賞を贈る。

    日本光学会東北支部賞

    賞設立者
    縄田耕二・日本光学会東北支部委員
    審査基準
    一般社団法人日本光学会は、光学に関する研究の推進および技術の向上を目的としています。サイエンスデイでは、光に関する現象・原理・技術などを使って来場者の知的好奇心を刺激する出展に賞を贈ります。
    副 賞
    1:日本光学会クリアファイル10部、ピンバッジ1個
    2:東北工業大学縄田研究室見学会 or 放課後出前博士と話そう (希望に応じて)
    授 賞
    光ってなんだろう?みんなで光を観察しよう!
    宮城県多賀城高等学校 SS科学部
    授賞理由
    光の基本的な原理をプレゼンテーション形式で発表しており、素晴らしかったです。特に、光の現象を見せるために用意された水槽の周りに子供たちが集まって真剣な表情で見ている様子が印象的でした。他にも、クリーンな次世代電力エネルギーとして期待されるかざぐるま風車による発電、発展途上国でのマラリア診断にも活用される電気の要らないぶんぶんゴマ遠心分離器、線状降水帯など近年の異常気象に関連した雲の生成など、身近な道具を用いて試行錯誤した内容の発表は子供たちの知的好奇心を刺激する出展でした。

    宮城大学 Wow Award

    賞設立者
    宮城大学学長 佐々木啓一
    審査基準
    気候変動やエネルギー問題などかつて経験したことのない課題を抱え、社会は大きな変革の時を迎えています。このような時にこそ、課題を見つめなおし、その本質を解明していくこと、すなわちサイエンスが必要です。地域課題の解決をミッションとする宮城大学は、私どもの生活に身近な課題に関わるサイエンスから社会課題の解決へと繋げる活動を日々行っています。このような視点での、アッと驚く提案を見つけたいと思います。
    副 賞
    宮城大学坪沼農場で撮れた米30Kg
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    今回のテーマは、このような企画では割と一般的な「電気」を取り上げていました。しかし、それぞれが面白い観点での電気を見える化していて、中学から高校の学年の生徒さんたちが一緒に活動をし、その結果をわかりやすく説明をしていた姿は良かったです。クリップモーターは、昔の記憶に残っていましたが、改めて説明と実物を見ると、Wowと思いました。よって、宮城大学Wow Awardの授与対象と選出しました。

    仙台管区気象台長賞

    賞設立者
    仙台管区気象台 台長 加藤孝志
    審査基準
    ジャンルを問わず、科学への強い探求心や将来性を感じるプログラムを表彰します。
    副 賞
    今年20歳を迎えた気象庁マスコットキャラクター「はれるん」グッズ(非売品)
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    生活をしている中で当たり前になっていることは多くありますが、それらをとらえて疑問点を解明する点は、科学の基礎になると考えています。
    また、科学的なものは難しい説明になりがちですが、実験や工作を用いて非常にわかりやすく説明してもらいました。
    将来の有望な科学者として大きく期待しております。

    東北大学生命科学研究科長賞

    賞設立者
    東北大学大学院生命科学研究科 研究科長 彦坂幸毅
    審査基準
    生命科学分野でもっとも意表を突いた発表に与える(東北大学の問題解決型授業受講学生による審査)
    副 賞
    生命科学研究科オリジナル絵はがきとクリアファイルのセット
    授 賞
    土に潜む小さなヒーロー!?土の微生物で地球温暖化をくい止める!
    市民参加型研究「地球冷却微生物を探せ」
    授賞理由
    本来は大変な手間のかかる日本全域での土壌調査と空気の組成の調査を、一般の市民の方々に協力をあおぐことによって実現しているという点が、研究は訓練を積んだ研究者がやるものだという固定観念を打ち壊すものであり、また温暖化という地球規模の問題に対し、小さな微生物を通じて取り組むところが、私たちの「意表を突く」ものだったと感じたからです。それに加えて、展示においても、微生物の写真や実際に空気組成を調べる様子を来場者に見せていたり、配っていたティッシュから展示を見に来た方々にも研究への参加の機会を開いていたりと、研究と市民の架け橋となるような活動をしていたというところも高く評価させていただきました。

    KDDIおもしろいほうの未来賞

    賞設立者
    KDDI株式会社 東北総支社長 阿部 博則
    審査基準
    KDDIでは「おもしろいほうの未来へ。」というブランドスローガンを2019年から掲げています。これは「通信とライフデザインの融合」によって、お客さまの生活に楽しい変化を生み出し、未来を楽しんでいただけるようなワクワクする体験価値を提案し続けたいとの弊社の思いを表現しています。そこで、通信が一層溶け込むこれからの社会において、面白いことが起こりそう、ワクワクしそうという内容の展示をされた出展者を表彰します。
    副 賞
    図書券(1万円分)
    授 賞
    作ってみよう!自分だけの宇宙
    仙台市立仙台高等学校天文地学部
    授賞理由
    未来を考える時、恐らく多くの方は夜空にとりわけ星空に思いを馳せることがあると思います。この展示はそのイメージを実際に作り自分だけの宇宙を見つけるコンセプトでしたが、私たちはこの活動の先におもしろいほうの未来が見つかると強く感じました。また参加者が作られた作品それぞれにはワクワクした思いが込められており、とても微笑ましいとも思いました。以上のことからこの賞を送らせて頂きます。
    審査基準
    科学や技術の発展は、人をわくわくさせるような発見や創意工夫から出発しています。この賞は、そのような夢や希望あふれるものに贈りたいと思います。
    副 賞
    ガラス盾
    授 賞
    「電波」って何だ? ワイドFM対応AM/FMラジオを作ろう!
    日本無線株式会社
    授賞理由
    小学4年生から中学生の若い生徒に対して、AM放送がFMで受信できるラジオの説明と作成の実行が行われました。通常のAM放送では、やや雑音があったり、場所によって届きにくい場合もあるのに対して、ワイドFMに変更することで明瞭な音がどこでも聞こえる点で大変有効なラジオで、最近の新しい方式の物です。このような新規的な物を多くの訪問者が興味深く楽しんで、ほとんどの方々が作成に成功しておられたようです。このような方式と努力を高く評価します。

    情報処理学会東北支部賞

    賞設立者
    情報処理学会東北支部 支部長 羽生 貴弘
    審査基準
    情報処理学会は,コンピュータとコミュニケーションを中心とした情報処理に関する学術,技術の進歩発展と普及啓蒙を図り,学術,文化ならびに産業の発展に寄与することを目的に活動しています.コンピュータやコミュニケーションの仕組みや,科学技術全般についてわかりやすく説明し,興味を持ってもらえるような魅力的な展示を評価します.
    副 賞
    情報処理学会東北支部が厳選した頭の体操パズル
    授 賞
    五重塔を揺らしてみよう!木組み体験コーナーもあるよ!
    宮城県立大崎高等技術専門校
    授賞理由
    実物さながらの五重塔の模型を通じて,日本の伝統的な建築技術と地震対策の仕組みを実際に見て理解できる素晴らしい展示でした.来場者が骨組み模型を組み立てる体験を通じて,木組みの面白さや魅力を直接感じられる体験が提供されるなど,多くの人に科学の面白さを感じてほしいという意欲が感じられました.皆さんが将来,科学者や情報処理技術者として活躍されることを期待しながらこの賞を贈呈いたします.

    自然との繋がりを感じられるで賞

    賞設立者
    非営利団体 Weavely(設立準備中)
    審査基準
    私たちと言葉で語り合うことができない自然。その豊かさ・大きさ・おそろしさをたくさん感じられる。自然のことをもっと知りたくなる。自然や他者との共生についても考えたくなる。そんな出展にこの賞を贈ります。
    副 賞
    展示に携わった学生に1人1,000円のAmazon Gift券を謹呈させていただきます。
    授 賞
    “もったいない”は世界を救う?余った食材を使って草木染めをしてみよう
    東北大学大学院農学研究科
    授賞理由
    2つの観点から受賞者を選定しました。

    観点1:自然の豊かさを感じられる
    「玉ねぎ=食用」というイメージを私たちは抱いています。今企画は、日常生活の別の身近なもの、衣服、の染料にも玉ねぎを使えることが実験とポスターで示されていました。
    「自然の恵みを利用する方法は1つじゃないよ。複数だよ。」ということが、身近な事例から伝わってきました。

    観点2:自然や他者との共生についても考えたくなる
    進行役の大学生が説明に奮闘し、小学生が前のめりになって目をキラキラさせながら仕組みを理解しようとする雰囲気にも惹かれました。
    他者と共に学び、成長するためのエッセンスが見つけられたような気がしました。

    映像情報メディア学会東北支部賞

    賞設立者
    映像情報メディア学会東北支部 支部長 今野 徳男
    審査基準
    映像情報メディア学会は、映像情報メディアに関する学理ならびに技術の進歩向上、普及をはかることを目的に活動を行っています。
    映像情報メディアに関連した内容で、魅力的でわかりやすい展示を評価します。
    副 賞
    会員企業からのノベルティグッズ詰め合わせ
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    電気は私たちの生活に欠かせません。映像情報を創り上げ、世の中に送り届けるのも、電気があって初めてできること。受賞者の皆さんは、棒磁石を使った易しい実験にはじまり、徐々に電気の性質に迫る展示を丁寧に分かりやすく行っており、子ども達の目は好奇心に輝いていました。自分の手で電気を起こしたあとは、簡単なモーターを作ってもらうなど、始めから終わりまで「見て・触って」体験型の実験メニューを取り揃えた皆さんの頑張りと創意工夫を大いに評価します。

    東北大学・チャレンジング-クエスト賞

    賞設立者
    東北大学副学長(グリーン未来創造・復興新生担当) 湯上浩雄
    審査基準
    困難な課題に挑戦し、チャレンジ精神を持って研究に取り組んだ中高生の皆さんの展示を表彰します。挑戦する精神とその実行力を高く評価します。
    副 賞
    川内第2食堂カレー
    授 賞
    鳥海山の頂から世界を目指せ!地域の未来を情報技術で切り拓くジュニアドクター育成塾
    東北公益文科大学公益ジュニアドクターセンター
    授賞理由
    小中学生ポスター発表が主体であるが、データ処理・プログラミングの指導を全員が受けており、それを軸に、各自が年齢に比して非常に高いビジョンに基づく取組みを進めている。研究対象も、交通安全、宇宙科学、地域文化、防災、気象、放射性物質、地域経済の活性化、ゆるキャラの動きの可愛さサイエンス、和算の図形問題に潜む潜在的な数学的構造の関連性などに渉っており、多様な可能性が垣間見えるとともに、高度な学術や社会課題との関連性も見据えられている。大学研究室の指導も受けるなど、課題のクエストに向けた行動的なチャレンジが認められる。以上の点を高く評価し、表彰させていただきたい。

    日本物理学会東北支部長賞

    賞設立者
    日本物理学会東北支部長 木村憲彰
    審査基準
    高校生以下の方の出展を対象として、物理現象の面白さを上手にアピールすると同時に、その現象の根本にある原理をわかりやすく伝えているかどうかを重視して選定したいと思います。身の周りにある面白い現象、不思議な現象に対する好奇心を刺激するような発表を楽しみにしています。
    副 賞
    物理の様々な不思議や謎について紹介した本「ビッグクエスチョンズ 物理」(マイケル・ブルックス著)を贈呈します。
    授 賞
    ぶつりおもちゃ祭り
    宮城県仙台二華高等学校 物理部
    授賞理由
    浮沈子(ふちんし)や水飲み鳥などの不思議なおもちゃの原理について、単に説明するだけではなく、説明の後に条件を変えたとき何が起きるかといったクイズを出し、聞いている人に考えさせ、そのあとどれが正解かを実際に実演することによって確認するといった、科学のプロセスをなぞるようなプレゼンテーションが秀逸でした。また、動画の解説もよくできていてすっかり見入ってしまいました。これからも、身の周りの面白い現象や不思議な現象を探してみてください。

    科学指導者賞(日本物理学会東北支部長賞)

    賞設立者
    日本物理学会東北支部長 木村憲彰
    審査基準
    高校生以下の出展の指導者を表彰します。科学好きになるような学生は、科学を愛する指導者がいるからこそ育ちます。指導者の熱意が見えるような出展を選定したいと思います。
    副 賞
    物理実験のヒントとなる本「いきいき物理わくわく実験」(愛知物理サークル、岐阜物理サークル編集)を贈呈します。併せて、ご希望に応じて物理学会東北支部から研究者が出前授業を行います。(出前授業は受賞されなくても申し込み可能です)
    授 賞
    身近な疑問がいーっぱい!「電気」って面白いを感じてね
    仙台青陵中等教育学校 科学部
    授賞理由
    工作を演示実験で電気と磁気の面白さを伝えてくれました。小さい子にもわかるようにチラシを作るなど、よく準備されていました。他人にわかるように伝えるためには、まず自分たちが良くわかっていないといけません。自信をもって説明をしてくれる生徒さんたちを見ると、指導の先生が上手に生徒さんたちを導いてくれているのがわかります。これからも、科学好きの生徒さんをたくさん育てていただきたく、この賞を贈らせていただきます。

    電子情報通信学会東北支部長賞

    賞設立者
    電子情報通信学会東北支部 2024年度支部長 松浦祐司
    審査基準
    電子情報通信学会は、創設以来100年を超える歴史ある学会です。「輝かせたいコミュニケーションの夢・未来」をキャッチフレーズに、電子・情報・通信分野を支える技術によって拓かれる豊かな未来社会に向けて挑戦する学会を目指しています。今回のサイエンスデイでは、コミュニケーションによって「ひと」と「ひと」、「ひと」と「もの」、「もの」と「もの」をつなぎ、地球環境と安全を守り持続可能な社会の実現に貢献する、豊かな文化と新たな価値を創造する、そのような精神にあふれた展示に本表彰を授与します。
    副 賞
    電子情報通信学会東北支部特製図書カード(製作中のため目録を贈呈)
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    「電気」に関連した、最近注目されているテーマを選択し、その仕組みについて小中学生には分かりやすく、大人には高いレベルで説明できていたことに感心しました。口頭説明の上手さ・熱量はもちろん、説明パネルについては見やすさに加え、論理的にまとめていた点など、中学生としては非常に高いレベルで実現されていたことも評価させていただきました。まさに将来の技術者・研究者の卵であり、光り輝く豊かな未来社会に向けて挑戦するであろう皆さんにこの賞を贈呈します

    子ども未来賞

    賞設立者
    仙台市教育委員会
    審査基準
    ①子どもがたちが自然の不思議さやすばらしさ、科学の有用性を再発見する内容であるか ②子どもたちがチャレンジすることの価値を実感できる内容であるか ③子どもたちが学んだことを活かすことにつながる内容であるか ④子どもが大人と(親子)一緒に関わり合いながら学ぶことができる内容であるか
    副 賞
    仙台市天文台招待券20枚
    授 賞
    ようこそ! エステルの世界へ
    宮城県工業高等学校化工部
    授賞理由
    身近なところでたくさん使われている香りの成分のエステル。その香りの不思議や合成など、実験を通して探究していく過程が、科学の有用性を再発見することにつながるすばらしい講座内容でした。高校生が先生となって、参加した子どもや大人がレベルの高い実験を経験できるプログラムとなっており、チャレンジすることの価値を実感できる内容でもありました。参加者と高校生がかかわり合いながら目を輝かせて学ぶ姿が見られ、子どもにとっても高校生にとっても未来で活躍する科学者になるきっかけにつながると思いました。
    審査基準
    文系と理系の区別はよく考えるとわからないもの。数学を使うのが理系というなら経済学は理系でしょうか。人間を扱うのが文系というなら医学は文系になります。サイエンスは理系のもの、という考えをちょっと捨て、文系テーマをサイエンスしてみませんか?理系テーマを文系のセンスで考えてみませんか?そんな文と理の垣根をちょっとでも超えようとした発表を褒め称えたいと思います。
    副 賞
    みんなで「おかき」を食べて、これからも文系と理系の「かきね」を取り除いてください。私お気に入りの「おかき」です。
    授 賞
    VRで町の文化財を体験しよう!
    公立大学法人宮城大学事業構想学群
    授賞理由
    仙台市の岩切、利府町の菅谷、七ヶ浜町の湊浜に残る摩崖仏(まがいぶつ:岩に彫られた仏像)三体を立体CGのVRで体験できる展示。VRで再現される仏像はとてもリアルで、サイズ感も十分体感できる。文字通り風化しつつある郷土資源を最新テクノロジーによって3D画像として記録する試みは、文理の垣根を取り払った新しい試みとして大きな可能性を感じさせるものである。一般参加のスマホ撮影による立体CG作成が実現したら,郷土資源への関心高揚に大いに貢献することだろう。楽しみである。
    審査基準
    考え方、チームワーク、展示内容、発表の仕方がきれいであるかを基準とする。
    授 賞
    最古の光学顕微鏡・最先端電子顕微鏡でみるミクロの世界
    東北大学多元物質科学研究所 寺内・津田研究室
    審査基準
    情報科学に関係する科学技術及びIT社会に関係する社会科学に関連し、「科学への愛にあふれた」自由な発想で情報社会を豊かに使いやすくして、人間生活を幸せにする可能性を感じるテーマに対して表彰する。
    授 賞
    鳥海山の頂から世界を目指せ!地域の未来を情報技術で切り拓くジュニアドクター育成塾
    東北公益文科大学公益ジュニアドクターセンター
    授賞理由
    これまでに誰も行ったことがない実験や検証、プロダクト作成を個々人が行っている点を最も高く評価しました。それぞれの学生が主体的にプログラミングや3dモデリング、webアプリ開発等を学んでおり、それらのスキルは現時点では基礎的でありながらも、自らの関心や経験を活かすことで、独創的なアウトプットを生み出していました。特に、純粋な動機に基づくこれらの活動の中には、社会が必要としている課題を見つけ出した上で、その解決を目標とした社会的意義のあるものも含まれていたことは評価に値します。このような活動の一連を若くして自発的に行うことができる学生ならば、近い将来に彼らの活動成果が実際に社会へ大きな影響をもたらすことが期待できます。
    審査基準
    副賞となる弊社商品「ソーラーツインザラス」は、太陽の光エネルギーと、熱エネルギーの両方を有効に使って発電する、とってもクリーンでエコな教材です。これに関係する「光」、「新エネルギー」、「エコ」をキーワードにして、これからの宮城県の新エネルギー産業を引っ張っていく若い力にこの賞を贈りたいと思います。
    副 賞
    太陽光熱複合発電システム模型 ソーラーツインザラス  1台( 副賞商品の説明:太陽光を特殊フィルターにより可視光と赤外線に分離し高効率ダブル発電ができる発電模型です。JAXAの特許技術を使いライセンス取得による製造販売商品です  JAXA COSMODE ブランド付与商品)
    授 賞
    光ってなんだろう?みんなで光を観察しよう!
    宮城県多賀城高等学校 SS科学部
    授賞理由
    光の透過反射屈折等の光学特性をパワーポイントや実際に水槽を使って光路を可視化させ実演を行っていました。親切丁寧な解説とあいまって特に子供さんには一目で現象が理解できたのではないでしょうか。光波長を扱う業務の弊社に取って光科学に興味を持つ若人の育成は今後重要です感謝の意を込めて科学部の皆様関係者の方々に賞を贈ります。

    テクノロジー&コミュニケーション 賞

    賞設立者
    株式会社東栄科学産業 代表取締役 山城 智万
    審査基準
    近年、理化学離れが進む子供たちへ、理化・科学について「楽しく」かつ  「追求心」もってもらうような展示をされたチームへの表彰と致します。
    副 賞
    卓上電子顕微鏡の持ち込み出張授業。
    授 賞
    鳥海山の頂から世界を目指せ!地域の未来を情報技術で切り拓くジュニアドクター育成塾
    東北公益文科大学公益ジュニアドクターセンター
    授賞理由
    「和算」と呼ばれる日本独自で発展した数学の説明を聞き、率直な感想はマイノリティーな手法だと感じるものだった。どうしても大人は多数派の意見の方が正しいと認識しがちだが、詳しく説明を聞き、もしかしたら本当の答えは「マイノリティーの中にあるのでは?」と可能性を感じさせる内容だった。また説明員の「将来数学の学者になりたい。だからこの研究をしている」という熱意を感じ、この度の受賞理由と致します。

    東北大学工学研究科 未来への挑戦賞

    賞設立者
    東北大学大学院工学研究科長  伊藤彰則
    審査基準
    東北大学大学院工学研究科は、知的創造の国際的拠点として、真理の探究を通して将来の問題を先見するとともに現在の社会的要請に応え、人類にとって豊かな社会と自然環境を実現するための科学技術の創成と発展に貢献することを研究目的としております。この趣旨に基づき、東北大学工学研究科未来への挑戦賞は、サイエンスデイに出展されたものの中から、特に独創性に優れ、未来社会の創造に資するアイデアを持った発表に対して贈られます。
    副 賞
    東北大学マグカップ
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    電気に関連したさまざまな内容を手作りで試行錯誤しているところが面白かった。危険が伴うような展示もあったので、安全に注意してがんばってほしい。

    東北大学工学研究科創造工学センター賞

    賞設立者
    東北大学工学研究科創造工学センター長 山口 健
    審査基準
    科学技術や工学の次世代への理解促進を目的に、地域に根ざして実践されている取り組みを対象とします。
    特に、工学が社会の発展を支えていることや工学研究が自分たちの夢を実現するワクワクする営みであることを伝えている取り組みを高く評価します。
    副 賞
    東北大学工学研究科・工学部 創造工学センター及び関連研究室ツアー 招待券
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    今年は「電気」をテーマにしてさまざまな研究や実験を行ったことを紹介していました。対象年齢も、小学生以下の子供たちにもわかるように配慮した面白い実験が多く紹介されていました。時間を決めて行っていた実験は、時計反応など子供たちが不思議に思い、科学に興味を持つようなものをサイエンスショーにしてわかりやすく説明していました。
    審査基準
    将来、東北大学をはじめ日本の研究機関で科学技術の発展に貢献してくれるような子どもを育むきっかけとして、視覚的・体験的に科学に触れることができることを重視する。
    授 賞
    おてんき・じしん百科展2024
    仙台管区気象台
    授賞理由
    地震、液状化、竜巻などの自然現象を、実験装置を用いて視覚的に分かりやすく体験することができたから。特に雨粒の形状を見る実験に関しては、下から風を当てて形状の観察を行うという斬新な方法を用いており、体験者の好奇心をくすぐる体験になっていた。また私たちの身の回りで起きうる現象を、完成度の高い装置で再現しており、子供を含め科学に関心を持つきっかけを、作り出すことができるように感じた。

    東北大学文学研究科長賞

    賞設立者
    木村敏明・東北大学文学研究科長
    審査基準
    文学部・文学研究科では歴史、芸術、宗教、心理、文学など広く意味での人類文化の研究を通して「人間とは何か」を探求しています。
    この賞は、人間や文化の奥深さ、面白さを科学的に追求した研究や展示に対して授与したいと思います。
    副 賞
    書籍『人文社会科学の新世紀』
    授 賞
    五重塔を揺らしてみよう!木組み体験コーナーもあるよ!
    宮城県立大崎高等技術専門校
    授賞理由
    伝統的な木組み文化の価値を、五重塔を揺らしてみたり、骨組み模型を組み立ててみたりといった体験を通してわかりやすく体感できるすぐれた展示であったため。会場でのイベント進行もスムーズで、参加した子供たちを飽きさせないように工夫がなされていた。

    未来につながるで賞

    賞設立者
    橋本 匠 (山形市立第四中学校3年)
    審査基準
    ・子供の視点から見て楽しめるかどうか。
    ・さらなる発展が見込めるかどうか。
    ・後の社会で活躍できるかどうか。
    ・その技術で人々が幸せになれるかどうか。
    授 賞
    まじかるマグネット ~磁石(じしゃく)であそぼう~
    東北学院大学 工学総合研究所
    授賞理由
    磁石により強い磁石を当てることで次回の向きが変わる性質や磁石と反発する物質を用いることで摩擦の影響が少なくなる性質。さらには磁石に2つの鉄球をつけて反対側からもう一つの鉄球をぶつけることで反対の一番は地の鉄球が打ち出されるのがガウス加速器等の性質で新たな未来の可能性が見えたから。

    役に立つで賞

    賞設立者
    松川 昊立 (上杉山中学校2年)
    審査基準
    将来的に社会で役立ちそうか
    授 賞
    まじかるマグネット ~磁石(じしゃく)であそぼう~
    東北学院大学 工学総合研究所
    授賞理由
    磁石を使用したスピーカーがあり、私はそれに興味を惹かれました。当日展示されていたものは振動する部分を金属板やアクリル板に押し付けることで音がでるもので、スピーカーがなくてもそれで解決でき、様々な場面で使えると思ったからです。
    審査基準
    自然現象や現代技術にひそむ物理法則をどのように分かりやすく解説、実験しているかを審査基準とします。
    副 賞
    二間瀬著の天文学・相対性理論・宇宙論の一般向け解説書の寄贈。希望があれば最新の天文学、宇宙論の話題の講演、あるいは相対性理論の解説を行います。
    授 賞
    千変万華 電気の変わり身
    仙台ニ華中学校 自然科学部
    授賞理由
    電磁気現象の再現実験をその問題点を考えながら行っていることに関心しました。今後も自分自身で問題点を見つけて頑張ってください。
ページのTOPへ