HOME > サイエンスデイAWARD2021 > 創設されたAWARD詳細

サイエンスデイAWARD2021

創設されたAWARD詳細

  • 審査基準
    考え方、チームワーク、展示内容、発表の仕方がきれいであるかを基準とする。
    副 賞
    受 賞
    伝統こけし・創作こけし × デジタルメディア
    東北生活文化大学 美術学部美術表現学科 こけし研究部
    受賞理由
    最近のプロジェクションマッピングの発展はすばらしく、ドラマチックで大規模です。それに対して、あなたがたの企画は東北のこけしを題材にした小規模作品でした。この小規模さはかえって東北文化を世界に広める新しい手段ともなりうるでしょう。そこに現れるであろう可憐で小さな美しさを感じました。普段なかなか見られない人間の瞬間的な変化や、照明による微妙な表情の変化などの表現などは、小規模作品のほうが得意としているでしょう。あえて、このような小規模なプロジェクションマッピングを追い求めるのも新しい道ではないかと思います。たとえば、商品の新しい展示や説明方法への応用、化粧品やファッションの効果のデモ、科学技術研究のリアルな発表などです。
ページのTOPへ