HOME > 2017出展プログラム > 建築体験講座・宮城県の石[玄昌石]を使った民家はこんなに広がっている!

2017出展プログラム

建築体験講座・宮城県の石[玄昌石]を使った民家はこんなに広がっている!

出展団体
東北工業大学・この地に技ありプロジェクト
対  象
小学校3年生~おとな
参加条件
会  場
C304
時  間
10:10~11:00, 11:40~12:30, 13:10~14:00, 14:40~15:30
見  学
申  込
申込制
受  付
直接会場へお越しください(受付用バーコード不要)
定  員
各回30人
内  容
石巻市雄勝町や登米市登米町などで産出され、硯や石盤、建築屋根スレートに用いられる玄昌石が、昨年「宮城県の石」に認定されました。宮城県や岩手県南には、この石を屋根材に用いた民家がなんと、2000棟以上も存在していることをご存じでしょうか?
この講座では、地理情報システムによるマップを用いて、スレート民家の分布状況を眺め、その歴史について学びます。
また、日本一の石盤葺き職人・佐々木信平さん(2017 旭日双光章)のご協力を得て、実際の石材を触ったり、どのように外装に葺くのかを体験的に学ぶことができます。



出展団体受賞歴

ページのTOPへ