HOME > 2019出展プログラム > 地震があると、どんなことが起きるのだろうか?

2019出展プログラム

地震があると、どんなことが起きるのだろうか?

出展団体
認定NPO防災・減災サポートセンター
日本技術士会東北本部応用理学部会
対  象
小学校1年生~おとな
参加条件
特になし
会  場
C403
時  間
09:30~11:30, 13:30~15:30
見  学
申  込
申込制
受  付
直接会場へお越しください(受付用バーコード不要)
定  員
各回20人
内  容
急にカタカタと音がした後で、ゆらゆらと大きな揺れが来て、地震であることを知ります。その時間はわずかですが、不安な気持ちになります。地震は、地下にある固い岩盤がこわれたときの振動が揺れになって伝わってくるものです。今回は、その波がどのように伝わるのか(地震波の伝わり方)を観察し、その揺れの影響で様々な現象がおきます。そのうち、①液状化現象、②がけ崩れ、③津波の発生の実験をしてみます。私たちは、地震を止めることも、地震パワーを弱くすることもできません。できることは、かわして逃れることだけです。そのためには、どのようなところに、どんなことが発生するのかを知って、できるだけの対策をしておくことです。

出展団体受賞歴

ページのTOPへ