HOME > 参加団体詳細

スリーエム仙台市科学館

団体詳細

  • 出展内容 (5)
  • AWARD受賞 (1)
  • AWARD創設 (6)
  • 2018年

    • 出前チャレンジラボ ~簡単な科学工作を体験しよう~ 他

      出展:スリーエム仙台市科学館

    2017年

    • 出前チャレンジラボ ~簡単な科学工作を体験しよう~ & サイエンスショー

      出展:スリーエム仙台市科学館

    2016年

    • ROBOLABプログラミング教室~ゴールを目指せ!車型ロボットを動かそう~

      出展:スリーエム仙台市科学館
      対象:小学校4年生~小学校6年生

    2015年

    • ROBOLABプログラミング教室 ~ゴールを目指せ!車型ロボットを動かそう~

      出展:スリーエム仙台市科学館
      対象:小学校4年生~小学校6年生

    2014年

    • ROBOLABプログラミング教室 ~ゴールを目指せ!車型ロボットを動かそう~

      出展:スリーエム仙台市科学館
      対象:小学校4年生~小学校6年生

  • 2018年

    審査基準
    小学生や中学生が、科学や技術を学びたい!と、目を輝かせるようなものに贈ります。
    副 賞
    特製の盾
    授 賞
    出前チャレンジラボ ~簡単な科学工作を体験しよう~ 他
    スリーエム仙台市科学館
    授賞理由
    スタッフおよびボランティアの方々(特に白髪のおじさま方)が、子供たちに科学や技術のおもしろさを伝えようと、熱意をもって科学工作の指導やサイエンスショーに取り組んでおられる姿に深い感銘を受けました。大気圧でペットボトルをつぶす実験など、身近で安価な材料でできる面白いテーマを選んでいたのも大変良いと思いました。また、このブースでの子供たちの目の輝きには出色のものがあったと思います。サイエンスショーで、来場者から選抜された子供たちが、自分でおこなった実験の結果を、他の来場者に見せてまわるときのうれしそうな、そしてちょっと誇らしげな顔が今でも思い出されます。
    受賞者
    コメント
    “科学館ボランティア”の鮮やかな緑のベスト着用の一団を記憶されている方もおありでしょう。オールボランティアの科学館出展スタッフは昨年より11名多い30名が参加、1回目の昨年の経験を元に、科学館との数回の打合せをしながら準備を進めました。昨年苦労した前日の会場準備や使用物品の搬入も要領が分かり、手際よくでき当日のスムーズな運営を暗示するかのように順調に短時間で終了することが出来ました。迎えた当日はクラブ員に加えて館からの強力な応援3人と活動人員に恵まれたこともあって余裕のある運営ができ、日頃の経験を存分に生かし、多くの参加者に 科学館「ボランティア版」の出展活動を楽しんでいただきました。終了後、私たちは充実感と快い疲労感を味わうという近年にない素晴らしい体験をしました。また、半数交代の空き時間に多くの会場を訪問出来たため、滅多に得られない貴重な研修になったとの嬉しい感想が多く聞かれ、高齢者の多い私たちですが 来年参加への大きな弾みとなったようです。最後にサイエンスディ主催のnatural science様に感謝申し上げ、科学館ボランティア(せかぼクラブ)の受賞のコメントとさせていただきます。2018 7 26
    仙台市科学館ボランティアクラブ(通称せかぼクラブ)会長 脇田 昭平
  • 2014年

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
    ◆仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ②チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。
    副 賞
    科学館を会場にしてのイベントプログラム(工作教室やサイエンスショー)開催の権利を与えます。(平成26年度内に実施)
    また,その際に必要となる実験機材や必要な材料(消耗品)は科学館から提供します。

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
    ◆仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ②チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。
    副 賞
    科学館を会場にしてのイベントプログラム(工作教室やサイエンスショー)開催の権利を与えます。(平成26年度内に実施)
    また,その際に必要となる実験機材や必要な材料(消耗品)は科学館から提供します。

    2015年

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
    仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ②チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら、成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。 
    副 賞
    スリーエム仙台市科学館において、イベントまたは企画展示を行う権利

    2016年

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
     仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ③チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。 
    副 賞
    ○科学館を会場にしてのイベントプログラム(展示発表やサイエンスショー等)開催の権利を与えます。(平成28年度内に実施)

    2017年

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
     仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ③チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。 
    副 賞
    ○科学館を会場にしてのイベントプログラム(展示発表やサイエンスショー等)開催の権利を与えます。(平成29年度内に実施)

    2018年

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
    仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考えながら取り組めるプログラムであるか。
    ②チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを楽しめるプログラムであるか。 
    副 賞
    科学館を会場にしてのイベントプログラム(展示発表やサイエンスショー等)開催の権利を授与します。(平成30年度内に実施)
ページのTOPへ