HOME > 参加団体詳細

東北生活文化大学 美術学部美術表現学科 こけし研究部

団体詳細

  • 出展内容 (1)
  • AWARD受賞 (2)
  • AWARD創設 (0)
  • 2021年

    • 伝統こけし・創作こけし × デジタルメディア

      出展:東北生活文化大学 美術学部美術表現学科 こけし研究部

  • 2021年

    審査基準
    考え方、チームワーク、展示内容、発表の仕方がきれいであるかを基準とする。
    授 賞
    伝統こけし・創作こけし × デジタルメディア
    東北生活文化大学 美術学部美術表現学科 こけし研究部
    授賞理由
    最近のプロジェクションマッピングの発展はすばらしく、ドラマチックで大規模です。それに対して、あなたがたの企画は東北のこけしを題材にした小規模作品でした。この小規模さはかえって東北文化を世界に広める新しい手段ともなりうるでしょう。そこに現れるであろう可憐で小さな美しさを感じました。普段なかなか見られない人間の瞬間的な変化や、照明による微妙な表情の変化などの表現などは、小規模作品のほうが得意としているでしょう。あえて、このような小規模なプロジェクションマッピングを追い求めるのも新しい道ではないかと思います。たとえば、商品の新しい展示や説明方法への応用、化粧品やファッションの効果のデモ、科学技術研究のリアルな発表などです。
    受賞者
    コメント
    「きれいで賞」「m3ラボ賞」を頂き、大変嬉しく思います。

    1部では、現存する、最古と推測される「こけし」を赤外線デジタルカメラで撮影し、経年劣化による損傷や退色により、肉眼で見えにくくなった模様を可視化する取組みについてご紹介しました。2部では自由な発想でデザインした、動く創作こけしのプロジェクションマッピングの制作プロセスをご紹介しました。 

    こけしは木地師が親子相伝で受け継いできた東北地方固有の伝統工芸品です。本プログラムをきっかけに、地域の伝統に興味を持って頂けますと幸いです。プログラムに参加してくれた皆さま、制作、発表にご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。
    審査基準
    ものづくりの本来の魅力である、創意工夫に内在するまなびを認識し可視化して、社会をワクワクさせてくれるような取り組みを期待して選定します。
    副 賞
    みやぎ ものづくりとまなびのラボ(m3ラボ)では、産業ニーズの技術開発研究と学びを両輪として産学官連携でSDGs達成を目指しています。副賞では企業から廃材として出る金属から削り出したメダルを贈呈します。メダルに刻印するものは受賞者様のご希望に合わせて決めます。
    授 賞
    伝統こけし・創作こけし × デジタルメディア
    東北生活文化大学 美術学部美術表現学科 こけし研究部
    授賞理由
    東北の伝統工芸品であるこけしを題材に、最新の技術を用いて過去の職人の素晴らしい技術を可視化する取り組みだけでなく、プロジェクションマッピングを用いて伝統に縛られない新たな可能性を広げる取り組みを行って、食い入るように子どもさんが見ている様子が印象的でした。伝統工芸というものづくりに内在する技術を可視化し、子どもをワクワクさせるような取り組みに昇華させていて素晴らしいと思いました。
    受賞者
    コメント
    「きれいで賞」「m3ラボ賞」を頂き、大変嬉しく思います。

    1部では、現存する、最古と推測される「こけし」を赤外線デジタルカメラで撮影し、経年劣化による損傷や退色により、肉眼で見えにくくなった模様を可視化する取組みについてご紹介しました。2部では自由な発想でデザインした、動く創作こけしのプロジェクションマッピングの制作プロセスをご紹介しました。 

    こけしは木地師が親子相伝で受け継いできた東北地方固有の伝統工芸品です。本プログラムをきっかけに、地域の伝統に興味を持って頂けますと幸いです。プログラムに参加してくれた皆さま、制作、発表にご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。
  • 創設したAWARDはありません
ページのTOPへ