HOME > 参加団体詳細

宮城県仙台第三高等学校

団体詳細

  • 出展内容 (5)
  • AWARD受賞 (9)
  • AWARD創設 (1)
  • 2017年

    • 液体窒素, 空気砲, キラキラ工作シャボン玉

      出展:宮城県仙台第三高等学校
      対象:未就学児~高校3年生

    2016年

    • 銅箔の色調変化を体験し, カラフルな銅箔を使ってストラップを作ろう!

      出展:宮城県仙台第三高等学校
      対象:小学校1年生~おとな

    2015年

    • -195.8 °Cの世界を一緒に予想してみよう!

      出展:宮城県仙台第三高等学校
      対象:小学校1年生~中学校3年生

    • カラフルな銅箔を作ってみよう!

      出展:宮城県仙台第三高等学校

    2014年

    • 金, 銀にまつわることを体験してみよう。

      出展:宮城県仙台第三高等学校

  • 2017年

    東北大学知のフォーラム賞

    賞設立者
    東北大学研究推進・支援機構知の創出センター
    審査基準
    知のフォーラムでは「人が集い、学び、創造する」世界に開かれた知の共同体を目指しています。この知のフォーラムの理念に相応しい、世界と人類の未来につながるような、チャレンジ精神に満ちた取り組みであることをポイントに審査を行います。
    副 賞
    副賞:知のフォーラムの拠点施設である
    「知の館(TOKYO ELECTRON House of Creativity)」1日使用権
    授 賞
    液体窒素, 空気砲, キラキラ工作シャボン玉
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    科学を自ら楽しみ、伝えていく姿が印象的でした。
    今後も、未来の科学を創造するような活動に期待しています。
    受賞者
    コメント
    たくさんの賞をいただき光栄です。
    液体窒素, 空気砲に関してはただ見せるのではなく,「なぜそうなるのか」といった原理を踏まえて説明することを大切にしました。
    まだ難しく理解できなかったかもしれませんが, いつの日か何かの拍子に理解に繋がる機会が来ると思います。
    毎年参加してますが, その都度勉強になります。
    また来年も参加したいと思います。

    スリーエム仙台市科学館長賞

    賞設立者
    仙台市科学館長 石井 鉄雄
    審査基準
     仙台市科学館の基本方針である「見て・触れて・ためす」科学に近いプログラムであるか、チャレンジ性があるかをポイントに審査します。     
    ①「見て・触れて・ためす」科学・・・・参加者が実際に触れたり・製作したり・体験したり・観察したりする体験を通し、様々な要素について考え工夫して取り組みのできるプログラムであるか。
    ③チャレンジ性・・・・失敗を改善しながら,成功までのプロセスを体験し楽しめるプログラムであるか。 
    副 賞
    ○科学館を会場にしてのイベントプログラム(展示発表やサイエンスショー等)開催の権利を与えます。(平成29年度内に実施)
    授 賞
    液体窒素, 空気砲, キラキラ工作シャボン玉
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
     実験方法とともに,子どもたちへの質問を工夫し,予想を立てさせてた後に実験を行い検証する,科学的なプロセスで演示の実験に取り組んでいました。
     また,子どもたちが興味・関心を持つような,実験・工作の題材や,進め方が工夫されており,始めから終わりまで,実験プログラムに対して参加者が意欲的に取り組んでいました。
    受賞者
    コメント
    たくさんの賞をいただき光栄です。
    液体窒素, 空気砲に関してはただ見せるのではなく,「なぜそうなるのか」といった原理を踏まえて説明することを大切にしました。
    まだ難しく理解できなかったかもしれませんが, いつの日か何かの拍子に理解に繋がる機会が来ると思います。
    毎年参加してますが, その都度勉強になります。
    また来年も参加したいと思います。
    審査基準
    副賞となる弊社商品「ソーラーツインザラス」は、太陽の光エネルギーと、熱エネルギーの両方を有効に使って発電する、とってもクリーンでエコな教材です。これに関係する「光」、「新エネルギー」、「エコ」をキーワードにして、これからの宮城県の新エネルギー産業を引っ張っていく若い力にこの賞を贈りたいと思います。
    副 賞
    太陽光熱複合発電システム模型 ソーラーツインザラス_1台
    授 賞
    液体窒素, 空気砲, キラキラ工作シャボン玉
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    子供達が楽しみ、わくわくしながら興味を持ち考え体験できる講座プログラムでした。様々な現象に疑問を持ち考えながら楽しく体験できました。キラキラシャボン玉工作では、簡単に入手できる材料を使用したことにより後々の取り組みやすさした考慮していますし、また大勢の来場者を受け入れているにも関わらず、30人以上の大所帯で取り組むことにより子供達の工作工程に不都合を起こさない体制で臨んでいる姿勢も評価したいと思います。よってこの賞を贈ります。
    受賞者
    コメント
    たくさんの賞をいただき光栄です。
    液体窒素, 空気砲に関してはただ見せるのではなく,「なぜそうなるのか」といった原理を踏まえて説明することを大切にしました。
    まだ難しく理解できなかったかもしれませんが, いつの日か何かの拍子に理解に繋がる機会が来ると思います。
    毎年参加してますが, その都度勉強になります。
    また来年も参加したいと思います。

    将来の科学者になって欲しいで賞

    賞設立者
    東北大学大学院工学研究科入試広報企画室
    審査基準
    中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校の出展
    体験型実験、物理の原理の学習、参加者への記憶定着への配慮等を採点し総合的に判断
    副 賞
    図書券 5,000円分
    中瀬特任教授の出張講義の権利
    授 賞
    液体窒素, 空気砲, キラキラ工作シャボン玉
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    一番広い講義室に多くの参加者を集め、十分な準備をして参加者を楽しませる工夫が随所にありました。
    受賞者
    コメント
    たくさんの賞をいただき光栄です。
    液体窒素, 空気砲に関してはただ見せるのではなく,「なぜそうなるのか」といった原理を踏まえて説明することを大切にしました。
    まだ難しく理解できなかったかもしれませんが, いつの日か何かの拍子に理解に繋がる機会が来ると思います。
    毎年参加してますが, その都度勉強になります。
    また来年も参加したいと思います。

    2016年

    宮城県産業技術総合センター所長賞

    賞設立者
    宮城県産業技術総合センター所長 守 和彦
    審査基準
    産業を支える科学技術について、わかりやすく、楽しく、感動できる内容で出展しているか、また、なぜそうなるのかわかりやすく解説しているかを重視します。
    副 賞
    宮城県産業技術総合センター見学及び設備操作等体験ご招待
    授 賞
    銅箔の色調変化を体験し, カラフルな銅箔を使ってストラップを作ろう!
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
     銅の工芸品の色調が、銅の酸化により成せるものであることを示し、これを実現する一つの手法として、熱による酸化があることを教えてくれました。そして、銅箔に対しては、その熱酸化を家庭用ホットプレートで行うことができ、加熱時間により色調を変えられること、透明樹脂で固めることでアクセサリー化できることを体験させてくれました。
     素材を工芸品に変えていける化学を体験しながら学べたことで、いろいろな工芸品の成り立ちまで知りたくなるような好奇心をかき立て、これからの日本を担う子供たちの化学と産業への関心を高めうる体験となっていたことを評価し、この賞を贈りたいと思います。
    受賞者
    コメント
    今回は銅箔を用いたストラップの製作をさせていただきました。宮城県産業技術総合センター所長賞と日本分光学会東北支部長賞をいただき大変光栄に思います。宮城県産業技術総合センター所長賞は昨年も評価していただき, 誠に感謝しております。宮城県産業技術総合センター見学では大変に丁寧で温かい対応をしていただきました。生徒もとても興奮して見学しておりました。今年もよろしくお願いいたします。日本分光学会東北支部長賞ではいただいた琉球ガラスがとても美しく, 蓄光のため夜に光りとても感動しました。毎年サイエンスディに参加することで生徒は本当に成長してくれます。外部に出ていろいろな方と触れることで大きな自信となるようです。今後ともサイエンスディに積極的に参加していきたいと思います。最後にnatural scienceをはじめとする運営に携わっていただいている方々に深く御礼を申し上げます。今年もお陰様で素晴らしい時間を過ごすことができました。

    日本分光学会東北支部長賞

    賞設立者
    日本分光学会東北支部長 吉澤雅幸
    審査基準
    光に関連していて、きれいで楽しさが伝わってくる出展に賞をさしあげます。
    副 賞
    蓄光グラス(琉球ガラス)
    授 賞
    銅箔の色調変化を体験し, カラフルな銅箔を使ってストラップを作ろう!
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    簡単な作業でカラフルな銅箔を作るという科学的プロセスの面白さだけでなく、伝統工芸とのつながりやアートとしての広がりがあることを評価しました。また、参加者が作成するストラップの完成度の高さも予想以上のものでした。
    受賞者
    コメント
    今回は銅箔を用いたストラップの製作をさせていただきました。宮城県産業技術総合センター所長賞と日本分光学会東北支部長賞をいただき大変光栄に思います。宮城県産業技術総合センター所長賞は昨年も評価していただき, 誠に感謝しております。宮城県産業技術総合センター見学では大変に丁寧で温かい対応をしていただきました。生徒もとても興奮して見学しておりました。今年もよろしくお願いいたします。日本分光学会東北支部長賞ではいただいた琉球ガラスがとても美しく, 蓄光のため夜に光りとても感動しました。毎年サイエンスディに参加することで生徒は本当に成長してくれます。外部に出ていろいろな方と触れることで大きな自信となるようです。今後ともサイエンスディに積極的に参加していきたいと思います。最後にnatural scienceをはじめとする運営に携わっていただいている方々に深く御礼を申し上げます。今年もお陰様で素晴らしい時間を過ごすことができました。

    2015年

    審査基準
    わかりやすさを重視した、グラフィカル(視覚的)な展示であること。ナショナルインスツルメンツではLabVIEWを始めとした、直感的でわかりやすいシステム開発環境を提供し、教育・研究開発分野での貢献を目指しています。グラフィカルであることによって、どなたにもわかりやすく、おもしろくする工夫がなされている展示にこの賞を差し上げたいと思います。
    副 賞
    プログラム開発ソフトウェア「NI LabVIEW」
    授 賞
    -195.8 °Cの世界を一緒に予想してみよう!
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    実際の物理現象を目で見て体験するわかりやすい内容だったのに加えて、予想をすることによって理解を深める工夫がなされていました。
    その点をたたえ、NI LabVIEW Award を差し上げます。
    受賞者
    コメント
    2つの賞をいただき, 大変光栄です。ありがとうございます。今回は仙台三高が以前から児童館や小学校に出前教室をしている内容を実施しました。大切にしているのは「なぜだろう」と問いかけることです。空気砲にしても液体窒素にしてもただ見せて終わるのではなく, 難しくてもきちんと原理を説明するということです。説明を聞いたときにはわからないと思いますが, きちんと説明することでそれが中学生, 高校生になったときに思いだし, 理解できるきっかけ作りになると思います。
    審査基準
    当センターは、東日本大震災からの復興に向け、被災地発の科学技術イノベーション創出のために活動をしています。その観点から【震災復興への貢献を期待できそうなもの】【これからの科学技術の発展を予感させるもの】をポイントに審査します。
    副 賞
    科学技術を学べるポスターセット
    授 賞
    -195.8 °Cの世界を一緒に予想してみよう!
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    身近なバラや風船などを用いて「物体が極限まで冷やされるとどうなるのか」を体感してもらうという本講座では、来場者が実験に直接参加する、説明のわかりやすさなど、様々な工夫が凝らされていました。
    子供たちが目を輝かせて質問していたのが印象的で、普段は接することの無い科学の世界を身近に感じられ、小さなお子さんから大人までが楽しめる素晴らしい講座でした。
    この講座に参加した子供たちが、科学に興味を持つことで、未来の科学技術の発展につながっていくことを期待します。
    受賞者
    コメント
    2つの賞をいただき, 大変光栄です。ありがとうございます。今回は仙台三高が以前から児童館や小学校に出前教室をしている内容を実施しました。大切にしているのは「なぜだろう」と問いかけることです。空気砲にしても液体窒素にしてもただ見せて終わるのではなく, 難しくてもきちんと原理を説明するということです。説明を聞いたときにはわからないと思いますが, きちんと説明することでそれが中学生, 高校生になったときに思いだし, 理解できるきっかけ作りになると思います。

    宮城県産業技術総合センター所長賞

    賞設立者
    宮城県産業技術総合センター所長 守 和彦
    審査基準
    産業を支える科学技術について、わかりやすく、楽しく、感動できる内容で出展しているか、また、なぜそうなるのかわかりやすく解説しているかを重視します。
    副 賞
    宮城県産業技術総合センター見学及び設備操作等体験ご招待
    授 賞
    カラフルな銅箔を作ってみよう!
    宮城県仙台第三高等学校
    授賞理由
    ホットプレートという簡易な実験装置を用い、加熱による酸化銅被膜厚さのコントロールにより銅箔表面の色彩がとても美しく変化することを実演してみせるとともに、加熱条件と色彩変化の相関を、表にしたサンプルで定量的かつ丁寧に解説してくれました。高級装飾品と見まごうばかり鮮やかな色彩のサンプルができあがる実験は、子供たちのみならず、幅広い世代へ科学技術に対する驚きと好奇心を引き出していたことを評価しこの賞を贈りたいと思います。
    受賞者
    コメント
    賞をいただき, 大変光栄です。ありがとうございます。銅箔は仙台三高の化学部で研究の対象にしている内容です。銅箔を加熱すると表面に酸化被膜が形成され,厚みに応じて様々な色に変化します。一般的には知られていないことですが, 是非多くの方々に銅箔の色が変わるということを知っていただけたらという思いで出展しました。本当にありがとうございました。
  • 2016年

    三高竜神賞

    賞設立者
    仙台三高自然化学部化学班
    審査基準
    仙台三高化学班の部員をワッと驚かせるような作品・展示・発表など。
    化学班の部員が自ら赴いて"楽しかった""驚いた"作品や発表などを部内で意見を聞き, 最も好評価なものに賞を与えます。
    副 賞
    三省堂「化学の新研究」
    をプレゼントします。我々は現在化学グランプリの対策として「化学の新研究」を使って勉強しています。部員にとって必須です。とても勉強になるので是非皆さんにも使っていただきたいと思いました。
ページのTOPへ